たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

中山競馬場訪問記 【平成28年12月24日(土)・師走ステークス(3歳以上オープン)他】 その2

最終レースのゴール!

 前の記事から続く中山競馬場の訪問記ですが、今回は競馬場グルメなどについて。


競馬場グルメ

【レストランプラザ(スタンド地下1階)】
レストランプラザ(スタンド地下1階)
【ファストフードプラザ(スタンド地下1階)】
ファストフードプラザ(スタンド地下1階)
【Two days(スタンド3階)】
Two days(スタンド3階)
 さすがは主要4場のうちのひとつだけあって中山競馬場にはレストランやファストフード・テイクアウト、要するに飲食売店も多数。ですが、スタンド地下1階のレストランプラザとファストフードプラザ、スタンド西側のレストラン棟、馬場内のみどりの広場と、比較的固まって配置されているので利用しやすい印象です。その他、スタンド内の各所にはJRAの競馬場でお馴染みのTwo daysも多数配置されているので、こと食べ物と飲み物の調達には困らないですね。(もっとも、人気のお店は今日程度の混雑でも結構行列していましたが。)

 で、冒頭にも書いたとおり、中山競馬場に来るのは平成23年(2011年)1月以来約6年ぶりなのですが、久しぶりとあって、今回は手堅いところを中心にいただいてまいりました。

下辰 (スタンド地下1階 レストランプラザ)

 中山競馬場のスタンド地下1階は、南側がレストランプラザ、北側がファーストフードプラザと分かれている感じなのですが、こちらはレストランプラザのほうのお店。前回いただいたそばの他、カレーなどのご飯もの、そして酒とつまみ類がひととおり揃っているのですが、このお店に限らず、レストランプラザにあるお店は、入り口のブースにいるお姉さんから食券を買って、奥のカウンターで商品を受け取るというシステムが独特だなぁ、と。

【肉どうふ 370円】
肉どうふ 370円
 それで今回ただいたのが、こちらの肉どうふ。甘じょっぱい味付けは濃すぎず、煮込まれてホロホロのお肉がたっぷりと。豆腐も良い感じで煮込まれていて、そこにたっぷりと添えられた白ネギの輪切りがピリっとした刺激を加え、これは旨いですね。それにしても、肉豆腐って首都圏の競馬場では見かけるのですが、それ以外では見た記憶がないんですが(見落としているだけかもしれませんが。)、お陰で個人的には都会的な食べ物と言った印象です。

【生ビール 410円】
生ビール 410円
 肉豆腐に合わせたのが生ビール。日本酒と言いたいところですが、最近飛ばしすぎるとすぐ撃沈するので…。でも、この組み合わせも、間違いがないですね。ちなみに銘柄はアサヒでした。

翠松楼 (スタンド地下1階 ファストフードプラザ)

 こちらは、ファストフードプラザにあるラーメン店。今回は都合2回利用しました。

【シュウマイ 460円】
シュウマイ 460円
 まず初めに利用した時に購入したのが、中山競馬場のお勧めグルメに推す人もいるシュウマイ。注文すると、ラーメンとは別の場所で待つように言われ、程なくして登場したのですが、これが熱々! 早速近くのドリンク売店で購入した生ビールと共にいただいたのですが、餡が肉肉しく、またタマネギっぽい旨味も効いていて、更に味付けはシッカリ。カウンターのところで醤油を掛けてしまったのですが、そのままで大変美味しく、正直不要かと。(カラシはお好みで。)これは、食べて納得の一品でした。

【チャーシューワンタンメン 680円 + 味付玉子 70円】
チャーシューワンタンメン 680円 + 味付玉子 70円
 次に時系列的には最後になるのですが、遅めの昼食というか〆的にいただいたのがこちらの品。それでそのスープは、あっさり系ですがコクもあり、また魔法の粉で旨味もしっかりとブースト。またツルシコの平打ち麺は、たっぷりと埋蔵され、丼のサイズからイメージするよりも食べ応えがありました。そして具のチャーシューは、モモ肉でしょうか?ミシっとした食感で味付けは控えめ。ワンタンは餡が多めに入った餡が嬉しく、メンマは甘めの味付けでアクセントに。あと追加の味付け玉子は良い塩梅で、黄身が固ゆでなのがらしくて良いですね。

ドリンクサントリー (スタンド地下1階 ファストフードプラザ)

 こちらは、前述の翠松楼さんの近くにあるドリンク売店。東京とか中山競馬場に来て凄いと思うのが、各ビールメーカーがこういった独立したドリンク売店を設けていること。ラインナップは、ビールがプレミアムモルツ。それとサントリーのウイスキー各種の他、チューハイ類やソフトドリンクも。

【生ビール(中) 570円】
生ビール(中) 570円
 というわけで、翠松楼さんのシュウマイと共にいただいたのが、プレミアムモルツの中サイズ。中山競馬場内は、生ビールの小が410円、中が570円で統一されているんですかね。

鳥千 (スタンド地下1階 ファストフードプラザ)

 東京競馬場にもある鳥千さんですが、ここでも定番グルメとしての地位を築いているようですね。で、ラインナップも東京と同様、フライドチキンにフライドポテトや、それらにバゲットが付いたセットに、マヨネーズ風味チキンボールなど。

【フライドチキン 320円】
フライドチキン 320円
 それでフライドチキンも東京と同様に、骨付きと骨なしが選べるのですが、今回は骨付きを所望。自席まで持って帰っていただきました。で、クリスピーな衣に包まれたチキンは、部位の違いか骨付きのほうがジューシーに感じるような気がします。また味付けはこちらも薄味になっているので、添付の塩かけて間違いないですし、お好みでこれまた添付のマスタードも付ければ申し分ないかと。

Two days (スタンド3階)

 JRA競馬場にある売店に、「Two days」と名前が付いたのはいつ頃のことでしょうか?気が付けばそうなっていた印象があるのですが。で、中山競馬時用にも当然あるというか、各階に何カ所もあるのですが、こちらは今回過ごしたB指定席のある3階にあるお店。

【フリージングハイボール 550円】
フリージングハイボール 550円
 こちらではブラックニッカのフリージングハイボールが売っていたので、フライドチキンをいただくために購入。当然のことながらフライドチキンに合いまくりで、1杯じゃ足らないくらいでしたね。

戦い済んで

【法典門からナッキーモール通って帰ります】
法典門からナッキーモール通って帰ります
 というわけで久しぶりの中山競馬場だったのですが、このところ成績の悪かったJRAで、今日は珍しく勝つことが。実は今回、これまでと予想の方法をちょいとばかり変えて、また馬券の券種も変えたりしてやったのがたまたま功を奏したのですが、これって長いスパンで安定させないと、意味が無いんですよね。(っていうか、何年試行錯誤を続けているのだろう、と。)もっとも、それとは関係なく、呑んだり食べたりでも大いに楽しむ事が出来ましたが、そっちの方も、食べたくても腹具合の都合で食べられなかったものも多数有りますので、また機会を見つけてお伺いしたいと思います。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
15 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ