たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

滋賀県大津市 幻の中華そば加藤屋 県庁前もり~んの章

 2月下旬に行った、一泊二日の京都旅行。初日の予定を終え向かった宿は、京都ではなくお隣の滋賀県大津市。それにしても、京都市内にあるホテルの週末料金って、すごいですね。なので京都市内からクルマで30分ほどのここまで来たのですが、雨の二条城で濡れてしまったので、夕食には、何か暖かいものが欲しかったというか。

 それで事前に宿近くのお店を調べていた中から、こちらのお店にお伺いすることに。ちなみに加藤屋さんは、滋賀県大津市発祥のお店で、現在は滋賀のほか、大阪や京都ににいくつものグループ店を出されているそうで。で、こちらの県庁前もり~んの章は、平成23年にのれん分けされたお店で、場所的には名前の通り滋賀県庁に至る通りに面したところにあり、降り続く雨の中を歩いて、午後5時半の夜の部開店直後にお伺い。店内はカウンター主体ですがテーブル席もあるという感じですね。また注文は食券制となっているので、入口のところの券売機で、私と同行者の分として以下のもの達の食券を購入しました。

幻の中華そば 700円
幻の中華そば 700円
 お店の名前にもなっているこちらの品は、私がメインでいただいたもの。丼は美しく盛りつけられているので見た目からも期待が高まるのですが、まずはスープを一口いってみたところ、鰹節の華やかな香りや味、そして鶏のしっかりとした旨味、そこに良い塩梅の醤油ダレが合わさって、最初から美味!鰹節+鶏と、ある意味王道的なダシ同士の組み合わせなのですが、両方の良いところがしっかり出ているように思います。また表面に浮いているのは背脂でしょうか?そのせいか、脂的コクも感じられますね。そして、そこに合わせる麺は、中細の縮れ麺。色の濃いビジュアルと、小麦由来なのにどこか蕎麦を思わせるような食感や香りも有って、スープとの相性も良いです。ちなみに、加藤屋グループで専用の製麺所を持っているそうなのですが、製麺にもかなりこだわりが在りそうですね。それからチャーシューは、絶妙な火の通し加減が写真でもわかると思うのですが、柔らかくも肉っぽさを残した食感が良く、味付けも濃すぎず良い感じ。あと、太目のメンマはあっさりとした味付けで息抜きになっているのですが、竹の表面側というか繊維の堅いところには細かく包丁が入っていたのには感心いたしました。

きざみチャーシュー丼(中) 300円
きざみチャーシュー丼(中) 300円
 こちらは、一緒にいただいたもの。お茶碗にはてんこ盛りになっていて実は少々食べづらかったのですが、とりあえず掻き込むように一口いってみたところ、表面は炙りが入っているようで、とても香ばしいです。これがまた食欲をそそるというか、何とも良い感じに効いてますね。また、タレの味加減や量も丁度良く、個人的にいただいたことがあるチャーシュー丼の中では、かなりハイレベルに感じました。

煮干し中華そば(醤油) 750円
煮干し中華そば(醤油) 750円
 こちらは、同行者がメインでいただいたものですが、途中から(お行儀悪いですが)丼を交換して私も。で、こちらの品は、何と言っても名前のとおり、煮干しダシが特徴出来的。ですが、最近流行りの過剰なほど(場合によっては苦みやえぐみも)これでもかと効かせるのではなく、煮干しとしてのパンチは出しつつも、味や風味を、美味しいところだけ深く抽出してスープとしてまとまっている感じがとても良いですね。ちなみに券売機やお品書きでは、いただいた醤油味よりも前に塩味が書かれていたのですが、この感じなら塩味も、大いに興味が湧きました。

唐揚げセット 250円
唐揚げセット 250円
 こちらも、同行者がメインでいただいたもの。大ぶりな唐揚げが印象的なのですが、1つ貰って味見したところ、表面は、揚げたてでカリっサクっとして中は柔らかくジューシー。味加減も丁度良く、これでこのお値段は、かなりのバーゲンプライスなんじゃないでしょうか。

 というわけで、どれも大変美味しくいただいたのですが、どの品も味のインパクト重視というよりも、向こうから積極的に語りかけてくれるようなわかりやすい美味しさが、とても心地よく感じました。(中でも「幻の中華そば」は印象的だったというか。)こういうのって、個人的に大好きですね。ごちそうさまでした。

平成28年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ