たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

京都競馬場訪問記 【平成28年2月20日(日)・斑鳩ステークス(4歳以上1600万円以下)他】 その2

京都競馬場ビッグスワンスタンド

 前の記事に続く京都競馬場の訪問記なのですが、今回はいただいた競馬場グルメについて。


競馬場グルメ

 事前に調べた時、「京都競馬場に旨いものなし」と聞いて不安になったのですが、実際にいただいてみると、旨いものがないというよりも、個人的にはレトロというか、垢抜けない昭和の売店という感じのお店が多かった気がしました。で、そんな中、同行者と共に、それなりに競馬場グルメを楽しんできたのですが、それを場所ごとに。(いただいた時系列順じゃありません。)

 それとこれはご注意というか言い訳なのですが、京都競馬場スタンド内の売店は、今やJRAの競馬場のどこにでもあるTwo daysを除くほとんどのお店で看板が「売店」となっていて、売っていたものと場所を参照しながらJRA京都競馬場のオフィシャルサイトと見比べてこの記事を書いたものの、もし屋号が間違っていたら申し訳ないです。(加えて言うなら、間違っていたらお手数でも教えていただけるとありがたいです。)

レジャーフーズ (ビッグスワン 1階ファーストフードプラザ内)

 こちらは、ビッグスワン1階のファーストフードプラザ内にあるうどん・そばがメインのお店ですが、中華そばやお弁当もありました。

【肉うどん 510円】
肉うどん 510円
 いただいたのは、個人的に関西というか西日本に来るといただきたくなる肉うどん。味付けは薄すぎず濃すぎず甘からずという感じであまり特徴がないのですが、ダシ感をデフォルトで入るとろろ昆布が補っていました。またうどんは柔らかめですが、全体的に頼りないという感じではなく、押しつぶしていくとある一点でプツッと切れるような食感。そして具の肉は、結構細かいのがそれなりに入っているという感じで。

フォルテ (ビッグスワン 1階ファーストフードプラザ内)

 こちらは、ビッグスワン1階のファーストフードプラザ内にあるお店で、ビール(キリン)をはじめとする酒類、そしてコーヒーがメインのお店ですが、サンドイッチやコーンスープなどもありました。

【サンドイッチ 300円】
サンドイッチ 300円
 こちらは、同行者が購入したもので、「ハムが懐かしい感じ。」とのこと。あと、たまごサンドをひとくち味見させて貰ったのですが、味的には普通なものの、キュウリが入っている分若干水っぽくなっていたような気も。

YASUI (ビッグスワン 1階ファーストフードプラザ内)

 こちらは、ビッグスワン1階のファーストフードプラザ内にあるお店で、お好み焼きとビール(サントリー)がメインのお店らしいのですが、コロッケや串カツ、ジャンボフランクに、角ハイボールも推されていました。

【お好み焼き 470円】
お好み焼き 470円
 いただいたのはお好み焼きなのですが、注文時にマヨネーズの有無を訪ねられます。それでそのお味ですが、生地の食感はトロっと柔らかく(某道頓堀のおこたこ焼きを思い出しました。)、その中にキャベツとイカがIN。たっぷりかかるソースが、北関東出身・在住の私と同行者にはちょっと馴染みのない風味だったのですが、当地のメーカーのものなんですかね?

(売店)コメタ (ビッグスワン 1階)

 こちらは、ビッグスワン1階にあるお店で、お好み焼き、フランクフルト、どて煮がメインらしいのですが、他におでんや揚げ物、酒類(キリン)全般、お弁当もありました。

【どて煮 450円】
どて煮 450円
 そんな中いただいたのは、京都競馬場グルメで有名などて煮。ですが、名古屋メシ的どて煮ではなく、牛スジ肉とコンニャクの味噌煮といった感じの品で、味付けは味噌のまろやかさが牛スジのクセを上手く消し、さらに輪切りの鷹の爪がピリっと効いててこれがなかなか。個人的には今回の京都競馬場でいただいた食べ物では一二を争う品でした。で、お酒はもちろんのこと、ご飯にも合いそうですね。

【レモンチューハイ 400円】
レモンチューハイ 400円
 どて煮と合わせたのがこちらのレモンチューハイ。多分コンクの炭酸割りと思われるのですが、そこに入るレモンスライスが、なんとも気が利いていますね。

GOD・SPEED (グランドスワン 1階)

 こちらは、グランドスワン1階の西北端(第1コーナー寄り)にあるお店で、名前が凄いですね。で、たこ焼き、ガッツドック、ビッグチキン、唐揚げチキン、ホットドッグがメインらしいです。また酒類はビールがアサヒなのですが、サントリー角ハイボールも。(ソフトドリンクはペプシなどサントリー系の他、コカコーラ系のペットボトルも売られていました。)

【ビッグチキン 400円】
ビッグチキン 400円
 謎のガッツドッグにも惹かれたのですが、いただいたのは京都競馬場グルメでは有名なビッグチキン。鶏モモに衣を付けて揚げたものなのですが、タイミングが良いことに揚げたてをいただくことが出来ました。それで、しっかり味付けのなされた表面の衣はポリッとクリスピーで香ばしく、中の鶏肉は柔らかくジューシー。個人的には今回の京都競馬場でいただいた食べ物では一二を争う品でした。それにしても、ビールが捗るというか、これ1つにつき2杯は軽くいけてしまいますね。

【生ビール 530円】
生ビール 530円
 ビッグチキンと一緒にいただいたのですが、その相性の良さは言わずもがな。今回は諸事情につきこの1杯に留めたのですが、事情が許せばもっと飲みたかったですね。

(売店)平田商事 (グランドスワン 2階)

 こちらは、グランドスワン2階の西北端(第1コーナー寄り)に2軒並んだ売店のうちの1つ。ちなみに、平田商事さんは京都競馬場内に他店舗展開されているようで、他にもグランドスワン1階、ビッグスワン2階にもお店があります。で、ここの売店は、生ビール、つきだし(下足揚げ等)、ソフトクリームがメインらしいですが、カレーライスに肉まんあんまん、フランクフルトに酒類全般(アサヒ)、そして何故か生理用ナプキンまで売られていました。

【カレー味ホットドッグ 250円】
カレー味ホットドッグ 250円
 京都競馬場グルメで一番有名と思われるカレー味のホットドッグですが、今回はこちらで購入。で、どのあたりでカレー味を出しているのかというと、バンズとソーセージの間に挟まったキャベツがカレー味なんですね。で、これが結構効いているというか、シンプルな構成ながらユニークさもあって良いですね。

戦い済んで

【フェブラリーステークスの的中馬券】
フェブラリーステークスの的中馬券
 この日は、京都競馬場の全レースに加え、G1のフェブラリーステークスを含む東京競馬場の数レース、G3の小倉大賞典を含む小倉競馬場の数レースという感じで勝負したのですが、正直、フェブラリーステークスの手前、京都メインの斑鳩ステークスまでは青息吐息という感じでした。ですが、ルメール2着付けをメインに勝負したフェブラリーステークスの三連単が的中し、何とかトータルでプラスに持ってくることが。先月、ウインズ後楽園でこっぴどくやられた分までは取り返せませんでしたが、現ナマ勝負2連敗とならず正直ホッとしたというか。

【帰りもシンザンゲートから】
帰りもシンザンゲートから
 というわけで初めて訪れた京都競馬場だったのですが、丸一日堪能することが出来ました。それで前の記事の冒頭にも書いたとおり、これでJRAの競馬場、全10場を全て訪れたのですが、それにもかかわらず、競馬場に到着した時にちょこっと感じた以外は達成感というものがなかったのが、自分でも意外だったというか。ちなみにあとは高知競馬場と浦和競馬場を訪れれば、地方競馬を含む国内全ての競馬場を訪れたことになるのですが、その時、いったいどんな思いを感じるのでしょうかね。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
15 17
21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ