たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

新潟県燕市 酒麺亭 潤

 前の記事でも書いたとおり、今回、所用のため新潟までクルマで行ってきたのですが、この時期、無謀にも電車では無くクルマで行ったのは、お金がないというのもあったのですが、用事を済ませた後に寄ってきたいお店があったからで。

 それがこちらのお店。「燕三条系」などと呼ばれる当地のラーメンの有名店ですが、さすがというか平日の午後2時過ぎという時間帯にもかかわらず、結構な数のお客さんがひっきりなしに訪れていました。

中華そば(中油) 700円
中華そば(中油) 700円
 そんな中いただいたのが、最もベーシックと思われる中華そば。ただし、ラーメンの上に振りかけられる背脂は、少ない方から順にノーマル、中油、大油、鬼油のうち、ノーマルよりもちょっとだけ多い中油にしてみました。それで登場して早速、中油だけど結構多めに感じた背脂をかき分けてスープからいただくと、煮干しメインのしっかりとした風味と旨味にキリッとした濃口醤油が合わさって、それだけでも旨いのですが、そこに前述の背脂が、コクとまろやかさ、脂由来の甘味を加え、更には薬味的に載った生のタマネギからも、背脂とは別の甘さと揮発性の辛味が加えられ、これはもう、たまりませんね。また、自家製麺される太いストレート麺は、固めでムチモチシコシコっとした食感で、スープに負けない力強さがあります。そして具のチャーシューですが、しっかりした歯応えのある若干ドライ系で、生醤油っぽい風味が印象的。あと細くて色の濃いメンマは、発酵風味が強目で背脂に埋もれない存在感が。それから、燕三条系ではこちらのお店が元祖という岩海苔は、香り強く甘味もあって、ラーメンと良く合いますね。

 というわけで、たいへん美味しくいただいたのですが、それと同時に長年の願望を叶えることが出来、感慨無量でございます。また、お品書きにはカレーラーメンなど気になった品も多数有りましたので、また何時の日か、お伺いできたら良いなぁ、と。ごちそうさまでした。

平成28年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
3 4 6
8 10 12 14
16 18 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ