たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

兵庫県神戸市 らぁめんたろうのはなれ

 千早城や和歌山城などに立ち寄った後、大阪市内に一泊し、翌日は神戸へ。といってもオサレな港町を散策に来たわけじゃなく、兵庫県立美術館で開催されていた『超・大河原邦男展』というのを見に来たのですが。

 で、それを堪能すると昼飯時となったので、そこからクルマだとほど近いこちらにお伺い。あらかじめ調べておいたところによると、なんでも『らぁめん たろう』というのは神戸を中心に展開するチェーン店だそうで。またこちらはかなり人気のお店のようで、11時半頃到着した時には駐車場はほぼ満車。そして店内にも10人くらいの待ち客がいて、暫く待ってからのご案内となりました。

カレーらぁめん 680円
カレーらぁめん
ライス 150円
ライス
 そんな中いただいたのがこちら。初めてお伺いするお店なのでノーマルなラーメンと迷ったのですが、こちらのこの品を推している人が結構いたもので。注文からこれまた暫くして登場したのですが、こちらのカレーラーメンは、何かのラーメンにカレールーを掛けたタイプではなく、スープそのものがカレーになっているタイプなんですね。それでまずはスープからいただくと、これがかなり旨いというか、良い感じにトロミの付いたそれは、ベースのスープの旨味とコク、そしてスパイスの刺激が渾然一体となって、かなりの完成度。これまでいただいたことのあるカレーラーメンの中でもベストじゃないでしょうか。(もっとも、カレーラーメン自体そんなにいただいたことがある訳じゃないのですが…。)また麺は、中太のストレートタイプ。わりとソリッドな食感ですね。それと具のチャーシューは、柔らかいタイプ。そして最後は、思わず追加注文したライスを残ったスープに投入したのですが、これがまた間違いのない旨さでした。

とまとらぁめん 680円
とまとらぁめん
 こちらは、同行者がいただいたもの。例によって少々味見させて貰ったのですが、トマトの酸味が丁度良くスープとマッチ。こちらも珍しい組み合わせながら、完成度は高かったというか。

 というわけで、どちらもラーメンとしては珍しい味だとは思うのですが、どちらも美味しくいただくことができました。でも、もし今度またお伺いする機会があればねその時はこちらのノーマルなラーメンもいただいてみたいですね。ごちそうさまでした。

平成25年4月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ