たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 ラーメンショップ 砥上店 【閉店】

 ラーメンショップなのに、某ラーメン本にも掲載されたお店です。こちらのお店、昔から使用する食材にこだわっていたりして、個人的にも、県内のラーショの中で、かなり好きなお店です。本当はもっと早くブログにあげたかったのですが、このところなかなかお伺いする機会がなくて…。それから、某ラーメン本に、店主さんが代替わりしたと書いてあったので、あの優しげなおやじさんが引退しちゃったのかと思いましたが、入店すると、先代店主もしっかりと厨房に立っており、ちょっと安心。メインで作っているのは新店主の息子さんのようでしたが、やっぱり、あのおやじさんがいないと、(新店主には失礼ですが)何か物足りないというか。で、前置きが長くなってしまいましたが、今回は、ネギ塩ラーメンの中盛と、同行者が注文した極うまつけめんをいただきました。

ネギ塩ラーメン(中盛) 830円
ネギ塩ラーメン(中盛) 830円
 まず、ネギ塩ラーメン。スープは、くどくなくしつこくもない程よい濃さの白湯スープに、塩ダレがいい塩梅に効います。前に食べた時と比べて、気のせいかもしれませんが、素材の旨味がより出ているような感じがしました。上に載るネギはゴマ油の良い香りが食欲をそそり、噛むと柔らかく甘みがあり、それだけつまんでも充分に美味しいですが、麺と絡めていただくと絶品。ラーショのネギラーメンのチャーシューは、ネギと和えられたコマチャーシューのみというお店が多いような気がするんですが、こちらのお店は、コマチャーシューの他に、ちゃんとしたチャーシューも載ってきます。そのチャーシューは、柔らかく味付けも絶妙。ちなみに、タレに使われている塩は内モンゴル産の岩塩で、上に載るネギは那須の白美人ネギ。そして、チャーシューなどに使用する豚は、栃木県のブランド豚、LaLaポーク。と、そんな能書きをいちいちたれるのがどうでもよくなってくるほど、単純に、とっても美味しいです。

極うまつけめん 800円
極うまつけめん 800円
 次に、極うまつけめんですが、こちらも美味しい!付け汁は、白湯スープをベースに、鯵・鯖・鰹の節系と、煮干し、桜エビの魚介系素材を使用したタレを加えたものだそうですが、確かに、それらの旨味が全開という感じです。麺はラーメンと共通の、いわゆる"ラーショの麺"のようですが、これはこれで面白い感じがしました。たっぷり載る刻み海苔は風味にアクセントを与え、黄身がトロトロの味玉は絶妙の味加減で、メンマも美味。最後はスープ割りして付け汁を飲み干すと、器の底には、旨味の元である細かく砕かれた魚介系素材がたっぷりと沈んでいました。結局、同行者が注文したにもかかわらず、半分以上自分が食べてしまいました…。(あ、同行者には、こちらのラーメンをお裾分けしたんですけどね。)

 そんなわけで、久々の砥上のラーショ、大満足でございました。ごちそうさまです。

平成20年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ