たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

埼玉県羽生市 小川ゆでめん店

 今回、あるイベントの為に埼玉県の羽生市まで行くことになったのですが、それでついでに食事でもと思って行く前に調べたところ、さすがに埼玉県はうどんどころだけあって、興味をそそるうどん店がいくつか見つかりました。

 で、そのうち最初にいただいたのが、こちらのお店。名前のとおり、製麺所直営のお店らしいです。それで午前10時半頃お店に到着したところ、街中にある懐かしい食堂っぽい雰囲気のお店の入口に立っても、中からは人の気配はないというか。時々アテにならない某グルメ系情報サイトには営業時間が午前8時からとなっていたので、今回はそれを信じて思い切って扉を開けると、店内は全くの無人。ただ、奥の厨房の更に奥の方からは人が忙しく働く気配がしたので声をかけてみると、お姉さんが出てきました。念のため営業されているか確認しところ大丈夫とのことですが、土曜日のこの時間帯は、製麺所の方がメインなんでしょうかね。

天あつもりうどん 410円
天あつもりうどん 410円
 そんな中いただいたのが、こちらの品。実は壁に貼られたものを含めお品書きに書かれた品数が大変多くて迷ったのですが、なんとなくこれで。やがて登場したうどんは、丼にうどん、そしてその上にかき揚げというスタイルは私の地元でもなじみのあるものですが、それに加えて茹でキャベツやネギと油揚の煮た物が一緒に載るのは珍しく感じました。それで早速、徳利から蕎麦猪口に暖かいつゆを注ぎ、これまた暖かいうどんを浸けていただくと、これがチュルフワっと軽い食感がして、うどん自体の味も軽快で、これならいくらでも食べられますね。またつゆは、つけつゆだけあってわりと濃いめで塩気が立った味加減ですが、その背後にはダシ的旨味も結構感じられます。それとかき揚げは野菜メインで揚げたてではないように感じましたが、個人的に一番気にするつゆとの馴染みは悪くなく、味にコクをプラスしてくれます。あとネギと油揚げの煮た物はうどんと一緒に食べると間違いの無い相性ですし、茹でキャベツは味や食感がアクセントになって面白かったです。

きつねうどん 450円
きつねうどん 450円
 こちらは、同行者がいただいたもの。個人的にイメージするきつねうどんからはかなり離れたビジュアルです。それで例によって少々味見させていただきましたが、つゆに浸かったうどんも悪くないですね。それとつゆは、わたのよりもよりダシ感が味わえるような。

 というわけで、どちらも美味しくいただいたのですが、こんなお店が地元にあったら絶対通ってしまうと思いました。ごちそうさまです。

平成26年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ