たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

埼玉県羽生市 とちぎや

 前の記事に続く羽生市のうどん屋さんその2なのですが、実は最初にお伺いしたのはこちらのお店だったりします。というのも、某グルメ系サイトの情報が「午前10時半頃開店」となっていたので、その時刻にお伺いしたところ開店する気配がなく、しからばと、こちらもお伺いする候補だった前の記事のお店でいただいたという訳でして。

 それでその後、午前11時頃に再びお伺い。ちなみにお店は、昔からの?住宅街の中にあり、行くには少々狭い道を通ります。で、まだ開店していない様子なので、お店の向かいにある駐車場にクルマを停めて待っていたところ、お店から店主さん?が出てきて、お店に入れてくれました。早速席に着き、注文をと思って卓上のお品書きを見たところ、「並250円、大300円、特大370円、超特大450円」とサイズのみ書かれている潔さ。この価格、驚異的ですね。またこのサイズの他、温かいものか冷たいものかを注文時に選ぶのですが、今回は、(連食ということもあり)並の温かいもの、冷たいものを1つづつ注文と、同行者と分け合っていただくことにしました。

並(温) 250円
並(温) 250円
 注文後、ちょっとだけ待ってから登場したそのうどん。まずは温かいものですが、うどんはちゅるとした瑞々しさとモチモチ感が同居するもの。またつゆは、ダシ感よりも醤油の勝ったスパルタンなタイプ。そこで上に載ったかき揚げがいい仕事をするというか、つゆに適度なコクと食べ応えを加えてくれます。ちなみにこのかき揚げ、食感はわりとふわっとしていますが、つゆとの馴染みは結構良いタイプ。白ネギがメインの具材ですが、所々に見えるピンクっぽい色は桜エビでしょうか?

並(冷) 250円
並(冷) 250円
 一方冷たいものですが、つゆに浸かっていないだけあって、温かい物に較べてちゅるモチ感がアップ。またコシも感じられるようになりますが、あくまで自然なところが良いですね。またつゆは、掛けづゆに較べて味が濃い分、更にスパルタン。それにしても、温と冷、どちらもそれぞれに良いところがあって、甲乙付けがたいですね。

 というわけで、どちらも美味しくいただいたのですが、さすがに地元の人気店というだけあって、いただいている間に、お客さんが続々と集まってきてました。私も当地に住んでいたなら、そのうちの一人になっていたでしょうね。っていうか、前の記事のお店も含めて、そこに通える羽生の方がうらやましく思いました。ごちそうさまです。

平成26年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ