たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県下都賀郡壬生町 ラーメン 二郎 栃木街道店

 前回の『二郎』の記事をあげて以来、Googleの検索で当ブログにいらっしゃるかたが多くてびっくりしました。ちなみに、"二郎" or "ラーメン二郎" + "栃木" or "栃木街道" or "壬生" というキーワードが多かったです。(注!これはこの元々の記事を旧ブログにあげた時のことです。)ですがすみませんね、折角来ていただいたのに下手なレポートで。でもそれだけ『二郎』というものは、特別なんでしょうね。

 で、そのラーメン二郎栃木街道店ですが、また行ってしまいました。前回訪問した時に、じつは「また行きたいけど(栃木県内だけども)なかなか行きづらい場所にあるので、次に行けるのはいつかなぁ…」などと思っていたのですが、間をおかずに望外なチャンスが訪れましたので、いそいそと栃木街道へ。ええ、「チャンスは最大限生かす」主義なもので。(マニアックで申し訳ない)

 それで今回は、小ラーメンと生たまごをいただきましたが、「ニンニク入れますか?」と訊かれた時、思い切って「ニンニク・ヤサイ・アブラ」とコールしてみました。すると店主さんはニンニクを投入した後、この時点で小山になっていたヤサイに更に大きく一掴み追加。更に固形のアブラがその上から載せられ、最後にタレを上から一回し。前回訪問した時、隣でヤサイコールしていた人がいたのでヤサイ増しするとどのようになるのか見ていたつもりでしたが、いざ目の前に出されると、ものすごい迫力にビビリました。

小ラーメン(ニンニク・ヤサイ・アブラ) 600円 + 生たまご 50円
小ラーメン(ニンニク・ヤサイ・アブラ) 600円 + 生たまご 50円
 レンゲを無理矢理突っ込み、まずスープからいただくと、前回より若干マイルドな味に感じました。もっともマイルドと言っても、充分すぎるほどに豚のダシは効いて脂も溶け込んでいると思われるのですが、今回のは、思わずクイクイっと飲み干してしまいたくなるような味の濃さというか。そして次に、アブラが載りタレがかかったヤサイ部分にかぶりついたのですが、今回も茹で加減は絶妙で、アブラとタレが絡んだヤサイは、それだけでも美味。で、ヤサイをある程度片づけて、麺を引っ張り出すスペースを確保してから、いよいよ麺をいただくのですが、やっぱり旨いっス!この、もちっとした高密度の小麦といった感じの麺は、ものすごく魅力的ですねぇ。それで今回は生たまごを注文してあるので、溶き卵にして麺を浸けていただくと、これも旨い!よく味の染みた麺が卵と絡んで、また違った美味しさです。また、今回の豚は前回と違い周りの脂身がありませんでしたが、柔らかく、味も良く染みており、相変わらず旨さかと。麺と一緒に卵に絡めていただくと、もう、たまりません。で、卵が無くなってからは、汁を飲みつつ残ったヤサイと麺を一気にいただき、調子に乗って今回も汁まで完食・完飲してしまいました。

 そんなわけで、今回も美味しく堪能させていただきましたが、ヤサイコールの影響か、前回に比べて更にお腹が苦しいデス…。ごちそうさまでした。

平成19年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ