たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県下都賀郡壬生町 ラーメン 二郎 栃木街道店

 とうとう『二郎』を体験してしまいました…。

 かねてから行きたい行きたいと思い続け、栃木に二郎が出来るという噂を聞き、ワクワクしながら待つこと暫し。そういえば、昨年東京に出張した時に三田の本店にお伺いするも、タッチの差で麺切れとなり食べ逃したこともありましたっけ。そして、開店してからもなかなか都合があわずに悶々としておりましたが、11月25日のオープンから3週間目にして、ようやくお伺いすることが出来ました。

 11時半の開店時間の頃お店に到着すると、すでにかなりの行列(数えてみると約25人ほど)が出来ていました。早速最後尾に並び、11時半を少し過ぎたところで開店。入り口の券売機で"小ブタ"の食券を購入し、ドキドキしながら店内のウェイティング用の椅子に座って待つことしばし。店主さんに促されて(向かう途中でお冷やを汲み)カウンターに着席し、食券をカウンター上段へ。
そこから更に、ワクワクしながら待つこと暫し。店主さんから「小(しょう)ブタのかた、ニンニク入れますか?」とお声がかかり、(この時、内心 キタ――(゚∀゚)――!! と叫んでおりました。)、初めてなので無難に「ニンニク」とだけお願いすると、並んでから約1時間で、念願の、夢にまで見た『二郎』と対面することができました。

小ラーメン豚入り(ニンニク) 700円
小ラーメン豚入り(ニンニク) 700円
 写真を撮るのももどかしく早速いただくと、スープは乳化した濃厚な豚骨で、味付けは「カネシFZ(ラーメン二郎専用の醤油)」が効いている、濃い目で甘辛なもの。ニンニク(結構辛めのものがみじん切り)が当然ながら合いますが、卓上の一味やコショウも、また。そして麺は、自家製麺の、浅黒く太めの平ストレート。水面下にみっちりと埋蔵されています。で、ズルっと啜ると(初めのうちは啜れずに、かぶりつく感じになりますが)、これが小麦の香りと味が濃厚で、濃い味のスープと絡んで旨い!!また「豚」と呼ばれる肉塊は、厚みが軽く1cmを超えるものが5個。周りの脂身はプルプルトロトロで、肉は軟らかくしっかりと味が染みてます。それを麺と一緒に頬張ると、これまた旨い!!特にコールしなくても山になっている「ヤサイ」は、モヤシとキャベツの茹で野菜ですが、シャキッとした歯応えを残した茹で上がりで、濃厚なラーメンに、このあっさりとした感じが良く合います。

 そんなわけで、感激しつつ一気に完食(と言っても軽く10分以上はかかりましたが)してしまいましたが、二郎というのは、ただインパクトがあるだけのラーメンではないんですねぇ。麺も、スープも、豚も、ヤサイも、どれもしっかりと旨く、これは想像以上でした。(なのでついつい汁まで全部平らげてしまったのですが、お陰で食後はお腹が少々苦しくなってしまったというか。)ごちそうさまです。

平成19年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ