たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県佐野市 叶屋

 この日は佐野で所用があり、折角なので佐野ラーメンをいただこうと市内をクルマで走っていたところ、偶然こちらのお店の前を通りかかりました。以前から名前は知っていたお店で、丁度クルマが1台出て店舗前の駐車場に空きが出来たのと、同行者共々何かピンと来る物があったので、こちらでいただいてみる事に。

 お店に入ると平日の午後1時頃だったのですが、先客が何組か。とりあえず空いた席に座ってチャーシューメンとワンタンメン、そして餃子をお願いしたのですが、私の後から数人のお客さんが入ったところでお店の方が暖簾を片付け始めたので、危ないところでしたね。そして、注文から暫く待つと、ラーメン類が登場しました。

チャーシューメン 800円
チャーシューメン 800円
 で、そのチャーシューメン。まずは、丼から直接(レンゲは子供とワンタン(麺)を注文したお客さんのみというスパルタンなお店なんです)スープを啜ると、見た目のとおり醤油っ気が控えめで、あっさりとした中にもジンワリと旨味が効いています。個人的にイメージする佐野ラーメンのスープそのものなんですが、その味は、これまでいただいた中で一番好みです。また、麺は当然青竹打ちなんですが、これもまた良いというか、表面は青竹打ちらしいポコポコとした感触で、歯を入れると硬質な弾力があり、何とも心地よい噛み応えです。そして、バラ肉を巻いたタイプのチャーシューも美味。食感は柔らかめで、口に入れると肉の旨味がいっぱいに広がります。また、脂が丁度良い感じで残してあり、味付けも何とも良い塩梅。思わず、今回はチャーシューメンにして良かったなぁ、なんて思いました。

手作り餃子 400円
手作り餃子 400円
 それと、チャーシューメンをいただいいている時に登場した餃子ですが、これもなかなかに。焼き目はカリっと、それ以外はモチっとした皮の中には、割りとジューシーな餡が詰まってるのですが、素材の味が上手に出ていて、そのままでも美味しくいただけますし、もちろん、好みでお酢+ラー油でも、そこに醤油を加えてもグッド。また、大振りで食べ応えがあるのですが、バランスが良いというか、いくらでも食べられるような感じが。個人的には、アッサリとした佐野ラーメンにパンチのある餃子はとても良く合うと思っているのですが、こちらのはまさしくベターハーフなんじゃないでしょうか。

ワンタンメン 750円
ワンタンメン 750円
 こちらは、同行者がいただいたもの。で、ちょっと貰ったワンタンは、薄いのに歯応えがあり、同時にツルッとした食感も併せ持つ、個人的には今までにない味でした。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、中でもチャーシューメンは、スープも麺もチャーシューも素晴らしく、個人的に今までいただいた佐野ラーメンの中ではトップクラスに感じる味でした。ごちそうさまでした。

平成22年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ