たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県栃木市 中国家庭料理 龍福

 この日は、旧都賀町に所用があったのですが、このあたりで困るのが昼食というか、ネットでもお店の情報があまりないというか。ですが、折角出かけたのにコンビニ飯はできるだけ避けたいと思って近くをクルマで走っていたところ、見つけたのがこちら。駐車場も結構埋まっていたので期待できると思い突入してみました。で、お店に入ると「イラシャイマセ~」と明らかに日本語を話す方ではない発音で挨拶され、店員さん同士の会話と厨房のやりとりは中国語。そのあたりに少々驚きつつも、以下のメニューをいただきました。

台湾ラーメン 500円
台湾ラーメン 500円
 まずは、駐車場の看板に写真入りで「おすすめ」と書かれてあったこちら。ビジュアル的には、名古屋を中心とした地域で食べられている台湾ラーメン同様、麺の上には挽肉とニラとモヤシ、そしてそれらの間からは唐辛子が覗いてます。麺のアップ早速いただいてみると、油は結構浮いてますがベースはあっさりしたスープに、辛さは程良く(ちなみに、激辛台湾ラーメンというのもメニューにはあります。)、そして上手く言えないのですが、中国系の外国人料理人独特のスパイシーさもあり、何とも後を引く味ですね。また麺は、ウェーブがかった中くらいの太さの物。取り立てて特徴的ではありませんが、逆にそれがあちらっぽいというか。そして具は、前述のとおり挽肉、ニラ、モヤシなど。なかでも挽肉は「機械で挽いた」というより「包丁で叩いた」というべき大きさで結構食べ応えがありました。

焼き餃子 300円
焼き餃子 300円
 こちらも、駐車場の看板に写真入りで「おすすめ」と書かれていたメニュー。若干厚めの皮に包まれた小振りな餃子は、餡の量は程々ですが結構なジューシーさ。皮の焼き目もしっかり香ばしく、何とも良い感じですね。個人的にはそれほどニンニクを感じませんでしたが、同行者(あまりニンニク耐性がない)曰くしっかり入ってるとの事です。

天津炒飯 650円
天津炒飯 650円
 こちらは、同行者がいただいた物を例によって。名前のとおり、天津飯の白米を炒飯に置き換えた物なのですが、これがまた。
ベースの炒飯自体がしっかりとした(濃いという意味ではないです)味で、そこにフワッとした卵焼き、そして餡掛けのが絡むと、一見くどそうですが実際は調和の取れた優しい味というか。ボリュームもわりとあったお陰で(同行者が途中でギブアップした為)、こちらも結構いただく事が出来ました。

 というわけで、どれもかなり美味しくいただいたのですが、値段もリーズナブルだし、満足いたしました。ごちそうさまでした。

平成23年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
3 5 7
9 11 13
15 17 19 21
24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

忍者アナライズ