たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

石川県金沢市 赤玉本店

 前の記事でも書いたのですが、今回所用で金沢に来て、その用事の後は市内に一泊したのですが、その際、夕食にお伺いしたのがこちらのお店。実は来る前に、「ホテルに近いところで何か良さそうなところはないかな」なんて探していた時、こちらの『金澤おでん』というものに惹かれてお伺いすることにした次第で。(実はおでんって、わりと好きな食べ物だったりするんです。)

牛すじ煮込み 500円
牛すじ煮込み 500円
 お目当ての金澤おでんを含め最初に色々と注文したのですが、まず最初に(お通し以外で)登場したのが、赤玉伝統の味を謳うこちら。しっかりとした味付けですが、ただ濃いだけではなく、だしの味や香りも感じられ美味でした。

湯豆腐 500円
湯豆腐 500円
 こちらは次に登場したもの。で、こちらのお店の湯豆腐は一般的な物と違って、あらかじめ味の付いただし汁に入って出てくるのですが、このだし汁がまた良い塩梅で。これも美味しいですね。

おでん おまかせ盛り合わせ 1,200円
おでん おまかせ盛り合わせ 1,200円
 お任せというのがあったのでまずはお願いしてみたのですが、その中身は、玉子、糸こん、ごぼ天、さつま揚、赤巻、ちくわ、大根、焼豆腐といったところでしょうか。この中では、赤巻(赤くのの字になっているカマボコ)がご当地らしさを醸し出していますね。で、こちらの『金澤おでん』ですが、おだしがとっても淡いというか、ダシ感はしっかりとありつつも必要最低限の味付けで、ゴクゴク飲めるという塩梅。おでんダネの元々持っている味を堪能できますね。

おでん 蓮根団子 280円、梅貝 300円、海老真丈 270円、ふんわり天 130円
おでん 蓮根団子 280円、梅貝 300円、海老真丈 270円、ふんわり天 130円
 こちらは、「季節のおすすめ」と書かれたお品書きから。どれも美味しかったのですが、この中では、何と言っても梅貝でしょうか。北陸地方ではよく食べられている食材らしいのですが、シコシコだけど柔らかく甘味がある身と若干クセのある肝が、もう。これは熱燗が進みますね。

おでん ふかし、車麩 (どちらも値段失念)
おでん ふかし、車麩 (どちらも値段失念)
 こちらは、追加でお願いしたもの。ふかしも北陸地方独特の練り物らしく、いただいてみるとハンペンとカマボコの中間といった感じでした。それと車麩も、個人的にはおでんでは珍しく感じたのですが、だし汁を吸って旨いですね。(ちなみにこの後、我が家で作るおでんには、車麩が定番の具となりました。)

日本酒(2合) (値段失念)
日本酒(2合)
お通し (値段失念)
お通し (値段失念) 
 お通しは、昆布の佃煮とクラゲの酢の物。佃煮はだし汁を取ったあとリサイクルしたものだと思ったのですが程良い味加減でこれがなかなか。またクラゲは、個人的に好物だったので嬉しかったですね。そしてお酒は、当地の地酒があったのですが、この日は熱燗が飲みたかったのでデフォルトの物を。(良いお酒で熱燗は勿体ないというか。)ですか、これはこれで悪くなかったというか、美味しい料理にお酒が進み、ついついもう1本頼んでしまいました。

 というわけで色々といただいたのですが、これらの料理・酒の他、生ビール、ウーロン茶などをいただいて、お会計は6,000円ちょっとと、さほどお高くない印象。場所的にも行きやすいところにあって、今回案内された2階席は夜景を見ることも出来ましたので、席自体の雰囲気もなかなかでした。ごちそうさまです。

平成23年9月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ