たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

滋賀県栗東市 ちゃんぽん茶屋 をうみ

 当ブログで栃木県外のラーメン扱った最初の記事は、滋賀県彦根市でいただいた和風ちゃんぽんだったりするのですが、それから約5年経った今、再び和風ちゃんぽんをいただく機会が。それで実はこちらのお店。昨年、所用で当地を訪れた際に一度お伺いしようとしたのですが、その時は月に2日しかない定休日に当たってしまい断念したということが。なので、1年越しにようやくいただけるということで。

をうみちゃんぽん 750円
をうみちゃんぽん 750円
 そこでいただいたのは、お品書きに「人気No.1」と書かれたこちら。当地の和風ちゃんぽんは、具の野菜類を煮て火を通すものらしいのですが、これはその前に『炒め』の工程が入った物のようです。(ちなみに炒めの入らないものもお品書きにはありました。)で、まずはスープからいただくと、和風な出し汁と炒め野菜の味が、以外と言っては失礼なのですが、絶妙のマッチング。野菜を煮て作る和風ちゃんぽんで、人によってはちょっと物足りない部分を上手に補っているというか。これ、かなり美味しいスープですね。そして麺は、中くらいよりは若干細いくらいでしょうか。チャンポンの麺というよりラーメンの麺といった印象は前回同様。ですがこれはこれで、全体と馴染んでいると思います。また具は、前述のとおりたっぷりの炒め野菜。食べ応えがありますね。そして、和風ちゃんぽんと言えばお酢が付きものですが、こちらのお店も卓上にはジャンボサイズのボトルが。当然のごとく途中から適宜投入したところ、酸味とまろやかさが加わり、更に味がキマるというか。

石焼雑炊 300円
石焼雑炊 300円 石焼雑炊作成中
 麺を食べ終わったあとは、あらかじめ頼んでおいた石焼雑炊をお願い。登場時、店員さんは親切に食べ方をレクチャーしてくれました。で、早速調理していただくと、このいただき方は、やっぱり間違いがないというか。全体に卵のまろやかさを纏って一体になったスープとライスは、何とも美味。また、付属の梅干しをつぶし入れると、この酸味がまた絶妙のアクセントというか。

和風味噌ちゃんぽん 730円
和風味噌ちゃんぽん 730円
 こちらは、同行者がいただいた物。例によって味見させて貰ったのですが、和風スープ+味噌味に、煮た野菜のあっさり感が何とも良い感じでした。

 というわけで、どれもたいへん美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成24年5月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ