たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福岡県北九州市 ラーメン 清龍

 今回、所用で福岡県の北九州市に来たのはこれまでの記事のとおりなのですが、「ついでにラーメンでも」と調べていたところ、市内の戸畑と呼ばれる地区に、『戸畑チャンポン』と呼ばれるちょっと変わったチャンポンがあるのを発見。調べてみると、一般的なチャンポンと違い、麺がチャンポン麺ではなく焼きそばに使われるような蒸し麺を使っているのが特徴だそうです。

 って、どこかで見たような書き出しなんですが、やっぱり、知ったからにはどうしてもいただいてみたくなり、用足しが終わった後、JR鹿児島本線の戸畑駅まで移動。時間もあまり取れなかったので、事前に調べた中から、戸畑駅に一番近いこちらでいただいてみることにしました。

 お店のほうは、商店街のアーケードの端っこにあり、店先には「名物 元祖蒸し麺 戸畑チャンポン」と書かれた幟がはためいています。店内に入ると、午後5時過ぎという中途半端な時間にもかかわらず数組の先客がおり、そのほとどがラーメンをいただいている様子。それが美味しそうだったので一瞬迷いましたが、初志貫徹で戸畑チャンポンを注文。もっとも、その後入って来たお客さんもチャンポンを注文していたので、私だけではなくなりちょっと安心しましたが。そして、待つこと5分少々と、チャンポンにしてはかなり短いと思われる調理時間で戸畑チャンポンが登場しました。

戸畑チャンポン 650円
戸畑チャンポン 650円
 その見た目は、小振りの丼に入った普通のチャンポン。まずはスープからいただいてみると、豚骨スープがベースとなり、そこに野菜の旨味が溶け込んでいて、ややコッテリとした濃い目の味ですが、これもさほど変わったところはなく。ですが、前述のとおりこの戸畑チャンポンの最大の特徴は、麺が蒸し麺ということ。また、その太さも、一般的なチャンポン麺よりだいぶ細めで、どちらかというと当地のラーメンと同じくらいの太さです。で、この麺の食感が本当に独特というか。口に入れるとある程度固さは感じるのですが、アシがなくプツッと切れてしまうような感覚は、初めていただくとかなり戸惑いを感じます。また、一般的なチャンポンのように煮込んで麺に味が染みているわけではないので、麺は麺、スープはスープで味が分かれて口の中に入ってくるような感じもあります。個人的には「面白い食感だなぁ」と思い結構美味しくいただいたのですが、人によって好き嫌いがハッキリ分かれてしまうかもしれません。

 というわけで、初めての戸畑チャンポンを堪能させていただいたのですが、機会があれば、是非もう一度いただいてみたいなぁ、と思いました。ごちそうさまです。

平成22年4月訪問


追伸

戸畑チャンポンについては、以下のページに詳しく載ってますので、興味を持たれた方は参考にいただければ、と思います。
http://www.livingfk.com/town/archives/30

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 18 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ