たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 麺 みの作 本店

 10月の3連休中日だったこの日。家人と外出してお昼時となったのですが、何か希望はと尋ねたところ、「出汁が魚メインではない醤油ラーメン」との回答が。その時は国道4号線を走っていたのですが、現在地といただけそうなお店の開店時間を勘案し、開店直後のこちらのお店へお伺いすることに。お店が混んでいるのを我慢すれば、間違いが無いものがいただけますから。

 それでお伺いした時は、珍しく駐車場、そして店内も空いていたのですが、注文したりする間に続々とお客さんが増え、程なくして満席近くに。で、その注文なのですが、個人的には店頭に看板が出ていた期間限定メニューに惹かれたので、家人の醤油ラーメンなどと共に注文しました。

醤油豚骨ラーメン 880円
醤油豚骨ラーメン 880円
 それがこの、「みの作流」醤油豚骨ラーメン。盛り付けから家系ラーメンを連想させ、また実際スープ表面には背脂が浮いたりして見た目は結構コッテリしてそうですが、いざ味わってみると、ベースのスープがしっかりと乳化されているせいか、意外なほど口当たりはスムースで味わいはジェントル。また、調理の際にニンニクは不使用とのことで、わりと色んなところでいただく醤油豚骨味ですが、お店ごとの違いは別にしてもスープにニンニクを使わないとこういう方向に味わいが変わるんですね。個人的にはややあっさりしすぎる感があったのですが、別添えのおろしニンニクを加えると味に膨らみが出て、「らしい」味わいに。ですが、ならでは感も減ってしまい、ちょっと勿体ない感も。あと、薬味のネギが、味的に良い感じに効いてるように感じます。また麺は、こちらのラーメン類全般と同様、太麺と細麺が選べたのですが、今回は細麺をチョイス。細麺といっても中細くらいの太さで、加水率は低めでしょうか?初めは硬質な食感ですが、歯応えはモチッと感を残して徐々に大人しくなっていくような。そして具は、家系ラーメンよろしく、チャーシューと茹でたほうれん草と大判の海苔。チャーシューはこちらのお店共通のトロトロのタイプで、海苔は家系っぽい溶けにくいものでした。他に薄味で柔らかいメンマと、火の通し加減、味加減ともグッドな味玉が。で、家系っぽい見た目から、後述するセットのライスを、個人的に家系の時に良くやる豆板醤を混ぜ込んでからいただくと、これは間違いが無いですね。でも、ラーメン本体が前述のとおり、その味わいは大人しいところもあるので、白米の他、こちらのお店の名物とも言える鉄板焼きめしシリーズとも合いそうです。

餃子セット 330円
餃子セット 330円
 こちらは、一緒にいただいた品。で、みの作さんの餃子は、ものすごく久しぶりにいただいたのですが、鉄板のお陰で餃子は熱々。皮は若干厚めで焼き目カリっ、他はモチっと。餡はオーソドックスに感じました。それにしても、小ライスとセットでこのお値段とこのクオリティは、コストパフォーマンスがとても良いですね。

味玉醤油麺 780円
味玉醤油麺 780円
 こちらは、同行の家人がいただいたもの。家人の希望どおりの、鶏ガラ8、ゲンコツ2で炊き出した(お品書きによる)という、動物系のスープを使ったもの。例によって味見させて貰ったのですが、澄んだスープがとてもホっとする味。家人も「美味しい」と申しておりました。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、やっぱりこちらのお店は、間違いがありませんね。ごちそうさまでした。

平成29年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 14 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ