たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 らあめん厨房 どる屋

 どる屋さんと言えば、メインの鯛出汁ラーメンの他、最近は週末限定で、藻屑蟹やヒメジ、鮎など鯛以外の素材を出汁に使ったラーメンも提供されているのですが、10月の3連休初日の朝、お店のツイッターで「3連休は黄金ののどぐろらーめん」との告知が。最近なかなか都合が合わず限定らーめんがいただけなかったのですが、この日は丁度宇都宮方面に用事があったので、そのついでにお伺いすることに。

 それでお店の近くには午後2時ちょっと前に到着したものの、この日は宇都宮城址公園で何かイベントが行われていたようで、周辺の有料駐車場は全て満車。なので周辺をぐるぐる回ること暫しで、ようやくオリオン通り近くの駐車場に停めることが。もっとも、天気も良かったので、お店まではシンボルロードを通って大きな銀杏を眺めるなど丁度良い散歩になりましたが。で、お店に入ると、店内は、いつもと違う魚魚した食欲をそそる良い香りに包まれていましたが、これが、のどぐろの香りなんですね。

黄金ののどぐろらーめん(大盛) 1150円
黄金ののどぐろらーめん(大盛) 1150円
 それでいただくのは当然、こちらの品。ご飯ものが品切れだったので、つい大盛にしてしまいました。で、早速ツユからいってみたところ、まずは、店内同様のノドグロがより明確に香り、次にハッキリした塩味と魚の旨味が。余計なものを極限まで削ぎ落とした結果、逆に鯛に比べるとより「魚」というか、ワイルドな感じもしたのですが、その風味は魚好きにとってむしろ好ましい個性に感じ、更に塩のエッジが、ノドグロの持つ旨味や脂の甘味を引き立てるように感じました。また麺は、こちらのお店標準のものでしょうか。最初はカッチリしたわりと硬質な食感ですが、食べてる間にモチっとした食感の印象が強くなります。そして具は、こちらのお店ではおなじみの、那須の白美人ネギと、さくら市喜連川あさのポークのほっぺた肉を使ったチャーシュー。どちらも良いマッチングで、特にチャーシューは相変わらずハイレベルですねぇ。

鯛だし焼き豚らーめん(醤油) 650円
鯛だし焼き豚らーめん(醤油) 650円
 こちらは、同行の家人がいただいたもの。例によって少々味見させて貰ったのですが、やっぱり、こちらも鯛ならではの香りと旨味が、やっぱり良いですね。

 というわけで、どちらも美味しくいただいたのですが、特に黄金ののどぐろらーめんはインプレッシブだったというか、「なるほど!」という感じでした。ごちそうさまです。

平成29年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 14 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ