たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

東京競馬場訪問記 【平成28年6月26日(土)・パラダイスステークス(3歳以上オープン)他】

メインレース最後の直線

 前々の記事前の記事でも一部書いたとおり、今回、某アーティストさんのライブを見に上京することになったのですが、そのついでに、春開催の最終日となる東京競馬場にお伺いすることに。


東京競馬場に行ってみる

【府中競馬正門前駅構内から東京競馬場】
府中競馬正門前駅構内から東京競馬場
【開場待ちする人達】
開場待ちする人達
【第2駐車場の様子】
第2駐車場の様子
 今回東京競馬場へは、自宅からJR、そして新宿から京王電鉄で。それで午前9時の開場時刻の10分ちょっと前に着いたのですが、なかなかの混雑ぶり。一昨年の秋、こちらにお伺いした時は新設の2歳重賞が組まれていた(ちなみに本日のメインはオープン特別)のですが、その時よりも待っている人達の数や第2駐車場のクルマの数は多かったような。さすがは(東京ではないですけど)GⅠレースの宝塚記念開催日だな、と。

【入場】
入場
 そして午前9時。入場券を買ってから入場。

場内の諸々

 東京競馬場にお伺いするのは、昨年夏のパークウインズ時以来。で、東京競馬場の諸々については、一昨年初めてお伺いした時の記事(その1その2)とか、昨年の日本ダービーの時にお伺いした時の記事で書いたので、今回はさらっと。

【パドック】
パドック
 テレビで見るよりも実際に目の当たりにすると、「立派」とか「ものすごい」ととかいう形容詞が思い浮かぶパドック。(もっとも、競馬場全体がそうなんですがね。)ちなみに、藤田菜七子騎手は本日東京競馬場で騎乗していたのですが、そのレースのパドックは黒山の人だかりでした。

【第3レースのゴール手前】
第3レースのゴール手前
【第9レース1週目のゴール板通過】
第9レース1週目のゴール板通過
【第9レースで最後の直線に入ったところ】
第9レースで最後の直線に入ったところ
 芝コースの幅員が広いので他JRAの競馬場より遠くに感じるダートコース。そして芝コースは、一番狭いDコース使用。なので内ラチから9mのところに仮柵が設けてあるのですが、それでもホームストレートの幅員は30m以上有るという。また2枚目の写真は1枚目と同じ第9レースで最後の直線に入ったところなのですが、ホームストレートの上り坂がよくわかるかなぁ、と。

【ハロー掛けするウニモグ】
ハロー掛けするウニモグ
 広い東京競馬場のダートコースを、楔形陣形でハロー掛けするウニモグ。

【スタンド】
スタンド
【B指定席】
B指定席
【今回の席からの風景】
今回の席からの風景
 今回は、フジビュースタンド6階のB指定席(1席1000円)ネット予約で確保。1人だったのであまり席にはこだわりがなかったのですが(なんなら、1席500円の一番安いC指定席でも良かったくらい。)、相変わらずのネット予約のつながりにくさと、今回は自分の買い間違いも重なって、買えた時に一番安かったこちらとなりました。

【101投票所入り口】
101投票所入り口
【101投票所内部】
101投票所内部
 ですが、実は今回かなりの時間を過ごしたのが、岩手競馬(この日は水沢開催でした)の馬券が買える101投票所。目の前でレースが行われていようが、JRAのレース実況は投票所内全部ではなく一部のモニターでしか流れないということもあり、ここに居れば、落ち着いて岩手気分に浸れます。嗚呼、ジャンボ焼き鳥が食べたい…。

本日の「頑張れ!藤田菜七子騎手」

【第3レースで馬場入りする藤田騎手】
第3レースで馬場入りする藤田騎手
  タイミングが合わずパドックでちゃんとした写真が撮れなかったので、今回は第3レースの馬場入り時のお姿を。ちなみに本日は6レース騎乗して2着1回で馬券に絡んだ他、掲示板が1回ありました。

競馬場グルメ

 今回は一人ということもあり、あまりバラエティ豊かとは言い難いのですが、それでも可能な限りいただいてまいりました。で、それを時系列順ではなく場所ごとに。

麦酒・焼酎・豚料理 豚や (フジビュースタンド 1階)

 フジビュースタンドの1階と2階にあるこちら豚(とん)やさんですが、確かこれは1階のほうだったかと。豚やカレーと、東京競馬場グルメグランプリ2015で第1位に選ばれた豚角煮丼、そして焼きとん串各種など名前の通り豚肉を使ったメニューの他、つまみ類、そしてドリンク類もひととおり。ちなみにお酒はアサヒ系です。

【串カツ 280円】
串カツ 280円
 それでいただいたのが、何故かこちらの串カツ。東京式の豚肉とタマネギが交互に刺さっているタイプです。で、タイミングの関係で揚げ置きだったせいか豚肉が若干固くなっていたのですが、衣はまだサクカリ感があり悪くないかと。

【ハーフ&ハーフ 570円】
ハーフ&ハーフ 570円
 一緒に購入したお酒は、アサヒスーパードライとドライブラックのハーフ&ハーフ。串カツとの相性はバッチリでした。

長崎の味 らーめん 西海 (フジビュースタンド 2階)

 こちらも、東京競馬場の定番グルメとして推される方もいらっしゃる、フジビュースタンド2階ファストフードコート(ウエスト)のラーメン店。で、ラーメンはもちろん、それとセットもしくは単品注文可能なチャーハン、そしてとても推されていた冷えた生ビールを初めとする酒類や、つまみ類もひととおり。ちなみにこちらのお店は、後述する馬そば深大寺さんと同じ業者さんというか会社がやってらっしゃるんですね。

【西海 500円】
西海 500円
 それでいただいたのが、店名を冠していますが一番お安いラーメンであるこちらの品。実は今回競馬場で散々飲んだ最後にシメでいただいたものだったりします。で、スープは「飛び魚(あご)だしととんこつのWスープ」を謳ってますが、サラっとした口当たりに、豚骨がクリーミーでまろやかな印象。そしてそこにアゴ(トビウオ)が個性を加えています。また麺は、細めのストレートタイプで、シコシコ感強めで、具は、チャーシューの他、長崎産のあおさが特徴的。それと、カウンター上に用意される薬味系は、コショウの他お酢にラー油、おろしニンニク、豆板醤、柚胡椒と豊富。今回は柚胡椒にしてみました(丼の縁に付けようとして失敗して汚くなってしまいました。)が、味が締まって良いですね。ですが、紅生姜を入れ忘れたのはちょっと勿体なかったなぁ、と。

COFFEE SHOP 耕一路 (フジビュースタンド 2階)

 モカソフトで有名なこちらのお店ですが、コーヒー、紅茶、ココア、そしてそれにモカソフトをフロートしたもの、あとサンドイッチにマドレーヌ、生ジュースに生ビールも売っていました。それにしても、モカソフトを求める行列はちょっとした長さでしたね。

【モカソフトクリーム 300円】
モカソフトクリーム 300円
 そこに並んで購入したのですが、回転は速いのでさほど待たずに済みました。で、お味のほうは、ミルク濃厚系ではなく、コーヒー感もミルク感も適度な、サッパリした印象。勝負の合間に気分転換にいただくには、とても良いですね。

馬そば 深大寺 (フジビュースタンド 4階)

 東京競馬場内で有名な立ち食いそば屋さんで、以前いただいた馬場内広場と、今回いただいたフジビュースタンド4階にお店があるのですが、その品揃えは、そば・うどん以外にもおにぎり、そして酒類各種にから揚げもあるよという感じで。で、この深大寺さん。馬場内広場のお店とフジビュースタンドのお店では、使っているつゆもソバもあえて別の業者から取っているなんて噂を聞いたもので、前回を思い出しつついただいてみることに。

【とりそば 470円 + そば屋の煮玉子 50円】
とりそば 470円 + そば屋の煮玉子 50円
 それで前回馬場内広場でいただいたのと同じ組み合わせをいただいたのですが、まずはつゆは、違うっちゃ違う気がするも、控えめなダシ感や良い按配の味付けなど、味的には前回と同じような印象も受けました。ですがソバは、この記事を書くにあたって前回撮った写真を見直して判ったのですが、明らかに色が黒っぽいです。もっとも、味的にはどう違うか正直判らなかったのですが…。そして具の鶏肉と追加の味玉は、どちらも味が染み染み。それと、こちらにもあった柚胡椒との相性は抜群ですね。そんなわけで、連食すれば違いがわかったのでしょうが、正直モヤっとした結果になってしまったのですが、「両方とも美味しい」で良い気もします。

フード&ドリンク Two days (フジビュースタンド 6階)

 競馬場各所にある、いわゆるふつうの売店であるTwo daysですが、自席のある6階にも当然ございました。

【ハイボール 400円】
ハイボール 400円
 写真のとおり。それにしても、今回は馬券の調子が悪く、駄目な意味でお酒が進みました。

ドリンクよし野 (メモリアルスタンド 地下1階)

 こちらは、メモリアルスタンド地下1階の、売店が固まっている一画にある、「サントリー」の電飾がよく目立つお店。余談ですが、ユーミンの名曲「中央フリーウェイ」に出てくる「右に見える競馬場 左はビール工場」の競馬場は東京競馬場、ビール工場はサントリー武蔵野ビール工場だったりします。で、その名と電飾のとおりサントリーの酒類が豊富ですが、ほかにもおでん、みそおでん、そしてもつ煮、枝豆にそら豆などのつまみ類や、ソフトドリンク類にかき氷もありました。

【もつ煮 400円】
もつ煮 400円
 それでいただいたのが、こちらの品。東京競馬場グルメグランプリ2015第3位に選ばれた品だそうで。で、味噌ベースのアッサリとした味付けに、豚モツはトロトロの口当たり。根菜類も良く味が染みています。そしてたっぷりの白ネギが嬉しいですね。なんていうか、東京の煮込みという感じで、間違いないですね。

【生ビール(大) 570円】
生ビール(大) 570円
 生ビールは小(410円)と大の2サイズ。銘柄はもちろん、ザ・モルツ。それと、ビールとは関係ないのですが、店員さんは年齢層の幅広いお姉さんばかりで、皆さんとても元気と愛想が良かったですね。

戸松 (日吉が丘)

 こちらは、メモリアルスタンド東側の一画、日吉が丘というエリアにあるお店。店頭に日本酒の自販機が置いてあるなどシブい雰囲気が良いですね。で、カウンター上には「鳥カラ揚げ・ビール・サンドイッチ」と大書きされていますが、他にも焼酎やハイボールなど酒類ひととおりと、つまみ類にいなりずし、そしてソフトクリームもありました。

【鳥ももの揚げもの 360円】
鳥ももの揚げもの 360円
 それでいただいたのは、こちらの品。ちなみにこちらとフライドポテトのセットは500円で、そのセットが東京競馬場グルメグランプリ2015では第8位にランクインしていました。で、お味のほうは、香ばしくカリカリの衣にしっかり味が付いているタイプで、中はとってもジューシー。タイミング良く揚げたてをいただけたのですが、これはビールやサワーがいくらでも進んでしまうやつですね。

【ビール 380円】
ビール 380円
 生ビールが置いていなかったようだったので、ただ「ビール」とだけ注文したのですが、紙コップの中身は、コップに偽りなしの、プレミアムモルツ小瓶でした。

戦い済んで

【京王電車に乗って撤退】
京王電車に乗って撤退
 というわけで東京競馬場だったのですが、101投票所で購入した岩手(水沢)も、東京を中心にGⅠ宝塚記念を始めとした阪神の後半とちょっとだけ函館で勝負したJRAも、全体的に狙っていた穴目は来ず、妙に固いのしか当たらないという。特に宝塚記念は8番人気と人気していなかったマリアライトを含む馬連で勝負していたのでこれはと思ったのですが、2着は圧倒的1番人気のドゥラメンテが最後に差しちゃったものだから…。(キタサンブラックが2着に残してくれればかなり儲かったんですが。)そんな感じで、先日の浦和に続く結構な負け。この後、本来の上京目的であるライブなんだけど、それよりさっさと帰ってやけ酒引っかけて寝ちまいたい気分になってしまったという。地方とJRA、そしてそれぞれの場ごとで、予想方法や馬券の買い方が違うので一概には言えないのですが、どうも現ナマ勝負の流れが悪いのが気になる、今日この頃の私であります。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
3 5 7
9 11 13 15
17 19 21
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ