たひお備忘録

とりとめのない趣味の、とりとめのない活動記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

北海道帯広市 じんぎすかん 北海道

 根室を後にして向かったのが、今朝出発した釧路を飛び越して、十勝平野のど真ん中にある帯広。色々あってこのような行程になったのですが、帯広に着いたのが午後6時半過ぎということで、宿に行く前に夕食を済ませてしまうことにしました。

 それでお伺いしたのがこちらのお店。実は以前、帯広競馬場で行われているばんえい競馬の騎手さんのインタビュー記事で、こちらのお店がお気に入りだと読んだ記憶があり、それ以来気になっていたというか。で、前述の時間に到着したのですが、駐車場はほぼ満車、店内もほぼ満席のよう。待つのもやむなしと思いましたが、丁度出たお客さんがいたのかすぐに案内していただきました。

焼野菜 330円 と キングマトン 600円
焼野菜 330円 と キングマトン 600円
(キングマトンを焼いたところ)
キングマトンを焼いたところ
牛サガリ 650円 と キングラム 700円
牛サガリ 650円 と キングラム 700円
ラム(塩) 550円
ラム(塩) 550円
マトン 450円
マトン 450円
生ビール 520円 と ウーロン茶 180円
生ビール 520円 と ウーロン茶 180円
ウーロンハイ 400円
ウーロンハイ 400円
いなきび(小) 230円 と ライス(小) 130円
いなきび(小) 230円 と ライス(小) 130円
 それで色々といただいたのですが、こちらのお店では、あらかじめ肉と野菜がセットになっているのではなく、肉は肉、野菜は野菜で別に注文するシステムになっているんですね。で、どれもすこぶる付きで美味しかったのですが、個人的に一番気に入ったのが、キングマトン。マトンの肩ロースの部分だそうですが、お肉というか脂というか、それ自体が持つコクがたまらなく、個人的に今までいただいたマトンの中でもこれがベストと言える味でした。(まぁ、ジンギスカン自体そんなにいただいたことがあるわけではないのですが…。)また、同行者が一番気に入ったと申していたのがラム(塩)。こちらは、比較的あっさりとしたラム肉にこれまたあっさりとした塩ダレがベストマッチ、という感じでした。もちろん、これ以外のお肉も、味付けのタレは良い塩梅に効いていますし、肉本来の味の違いも十二分に堪能出来て、大満足。それと、一緒にいただいたいなきび飯は、ぷちもちした黍とほっくりした豆食感が面白く、ジンギスカンとの相性も良かったです。

 というわけで、大変美味しくいただいたのですが、そのおかげで、ついつい食べ過ぎ、かつ飲み過ぎてしまいました。(酒類は、じつは両方とも複数杯いっているもので…。)このお店を知るきっかけを与えてくださって騎手さんに感謝すると共に、また帯広を訪れた際は、是非ともこちらにもお伺いしたいですね。ごちそうさまでした。

平成27年7月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、PC自作など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アーカイブ