たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県さくら市 麺BAR’S CLUB 六三四八 【移転前店舗】

 氏家駅前(注:訪問当時)の、麺BAR’S CLUB 六三四八さんにお伺いしました。入店すると正面にバーカウンターがあり、話には聞いていましたが実際に見てみるとびっくり。メニューは品数豊富で、ラーメン類だけでもいろいろとあり、その他のフード類や、カクテル(ブランデーベースは1ショット1,000円で、それ以外は600円でした)や、シングルモルト(タリスカーやボウモアなどなど)などのアルコール類も充実しています。しかし、今回は事情が許さずアルコール類を断念してラーメンをば。

 そのラーメンも、某ラーメン本でも紹介されていたアオサ麺をいただきたかったのですが、残念ながら今日はアオサが切れているとのことだったので、細ストレート麺(細ストレート麺と縮れ麺が選択可能でした)のラーメンを塩味で。それと、半チャーハンもいただきました。

ラーメン(塩・細麺) + 半チャーハン 1,000円
ラーメン(塩・細麺) + 半チャーハン 1,000円 のラーメン
ラーメン(塩・細麺) + 半チャーハン 1,000円 半チャーハン  まず登場の塩ラーメン。スープは化学調味料不使用とのことですが、揚げネギと節系の香りが漂い、味もしっかりしているので、物足りなさはありません。麺は、ぷっつりと歯切れが良く、よく見ると茶色いつぶつぶ(小麦の皮の部分でしょうか?)が練りこんであります。具は柔らかい煮豚タイプのチャーシューと、昆布、青菜など。濃いめの味付けのメンマがアクセントに感じられました。いやぁ、美味しかったです。それから半チャーハンは、とても香ばしく、(型で盛りつけているにもかかわらず)程よくぱらぱらで、こちらも美味しかったです。

 実はこのお店、個人的にはノーマーク(バー併設とか、いろいろアレンジが効いたメニューとか聞くと、ちょっと身構えてしまうので…。)だったのですが、ラーメンだけでも満足させていただきました。先入観、というか、思い込みはいけませんねぇ。ごちそうさまでした。

平成20年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ