たひお備忘録

とりとめのない趣味の、とりとめのない活動記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県塩谷郡高根沢町 麺処 いろ葉

 生活圏から近いところににあるにもかかわらず、なかなか行く機会がないのが高根沢町。某もんみやラーメン特集やムック本などを見ると、ここ暫くの間に気になるお店がいくつか出来ているんですよね。それで平日のお昼時、珍しく行く用事が出来たので、そのうちの一つにお伺いすることができました。

 それが、こちらの麺処いろ葉さん。午前11時半の開店直後にお店に到着したところ、既に店頭の駐車スペースにはクルマが2台ほど停まっていたのですが、その隣に駐車。店頭に掲げられた暖簾には、修行先である東京荻窪のラーメン二葉さんの名前がありました。

 その暖簾をくぐって入った店内は結構広く、カウンターの他、テーブル席、そして小上がりも。注文は、お店に入ったところにある券売機で食券を購入するスタイルで、本で見て気になっていた品と、つい、サイドメニューのご飯ものの食券を購入。カウンターに案内され、待つこと少しで登場しました。

背脂煮干しラーメン 780円 + 味玉 100円
背脂煮干しラーメン 780円 + 味玉 100円

 それでまずはラーメンですが、こちらのお店の何種類かあるラーメンの中では唯一、栃木県内では珍しい、いわゆる燕三条系。早速スープからいってみたところ、最初に感じるのは煮干しと背脂、濃口醤油の濃密な風味ですが、ベースには、動物系の出汁も豊富に使われているのでしょうか、そこに濃いめの味付けがビシっと決まっていますね。また麺は、注文時に太麺もしくは細麺に変更できるのですが、今回は標準の平打ち麺を。これが縮れの入った幅広のもので、ピロチュルモチっとした、柔らかさ(両端)と歯応え(中央部)が同居する、個人的にはとても好みな食感です。そして具のチャーシューは厚めのものが2枚載っているのが嬉しいのですが、肉質の違いを除けば、どちらも柔らかめ仕上げられた印象。あと乾燥メンマを戻すところから作られるというメンマは、目立ちすぎない素直な味付け。それに生のタマネギと海苔が合っていて、個人的にはどちらも増ししたいくらい。(ちなみに海苔は10枚100円で増せます。)あと追加の味玉は、黄身が丁度いい半熟、味付けはいい塩梅で、卵自体の味もちゃんと味わえました。

炙りチャーシュー飯 250円
炙りチャーシュー飯 250円

 こちらは、つい一緒に食券を買ってしまった品。しっかりと炙られたチャーシューの上に載っているネギダレが素晴らしかったというかゴマと白ネギの香りが良く、これはお腹が少々キツくなったとしても、いただいてよかったなぁ、と。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、実こちらのお店、化学調味料不使用なんですよね。それでいてこのしっかりとした味わいは、ちょっとびっくりいたしました。またメニューも豊富で、そのどれもが魅力的に思えたので、これは遠からずまたお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした。

令和元年8月訪問

栃木県さくら市 お食事処 きぬや

 日曜日のこの日、所用で家人とさくら市まで来たついでに昼食となり、こちらのお店へ。平日に、一人もしくは仕事がらみの同行者と何度かお伺いしたこちらのお店ですが、家人を連れてくるのは初めてだったりします。

 それでお昼時の店内は、働く男達中心の平日と違ってゆったりとした雰囲気で、店内は私たちを含む中高年夫婦が何組か。他には家族連れや地元の人っぽい中高年男性の一人客も。

冷し中華(ごまだれ・大盛) 850円
冷し中華(ごまだれ・大盛) 850円

 そんな中いただいたのは、こちらのお店では未食となっていたごまだれの冷やし中華。(ノーマルな冷し中華は以前1度いただいたことが。)更に注文時、つい大盛りと言ってしまいました。で、登場したものを一目見てわかる麺の量の多さ。そういえばこちらのお店は、「大盛」にするときっちり2玉入ってくるんでしたっけ。そして麺の量が多いので相対的に少なく見えてしまっている具は卵焼き、ハム、キュウリ、ナルト、ワカメ、紅ショウガと比較的オーソドックス。早速、麺と具を軽く混ぜいただけば、それらに絡まるゴマだれは、ねりごまにすりごまも入っているタイプ。甘味、酸味とも万人向けですね。

みそバターコーンラーメン 700円
みそバターコーンラーメン 700円

 こちらは、家人がいただいた品。モヤシなどの野菜類とひき肉を炒め煮した、昔ながらの食堂の味を家人は「沖縄の味噌汁みたいな味」と表現したのですが、例によって少々味見させて貰ったところ、個人的には、以前こちらのお店でいただいたみそラーメンが、バターでこんなに変わるんだ!という印象。そのスープ、ついつい飲み干しそうになってしまいました。

 というわけで冷し中華も美味しくいただいたのですが、バター入りのみそラーメン、次回いただいてみようかしらんと思った次第で。ごちそうさまでした。

令和元年8月訪問

栃木県矢板市 珍満

 こちらのお店。6月に、冷やし中華をいただきにお伺いしたところ、冷やし中華が始まるのは7月、梅雨明けからということで、その時は別の品をいただいて帰ったのですが、8月に入り梅雨明けどころかお盆も過ぎたということで、今回改めてお伺いしました。

 それでお店に入って席に着きお品書きを見たところ、通常の冷やし中華に加えて四川冷やし中華という品も。こちらのお店の名物に四川ラーメンという品があるのですが、冷やし中華に四川があるんですね。

四川冷やし中華 850円
四川冷やし中華 850円

 なのでお願いしたのは折角なのでその四川の方。以前いただいた四川ラーメンは笹切りのネギなどがこんもりと載っていたのですが、四川冷やし中華は千切りの大根などがそれよりもこんもりと載っていました。またその下には、国産鶏肉使用という酒蒸し鶏と千切りのキュウリが。更にその下には、こちらのお店のラーメンと共通でしょうか?平べったい中太の縮れ麺という案配。それで今回はあえて混ぜずに麺を引っ張り出して啜ってみたところ、冷たく締められたことによって麺の食感と喉越しが強化されているのはわかるのですが、それよりも特徴的なのが辛味の効いたタレ。甘酸っぱい醤油味をベースに、その辛味の元は唐辛子というか豆板醤っぽい味がしたように感じたのですが自信なし。あと、すりゴマも入っているんですかね?それらが、しっかりと個性は出しつつもバランス良くまとまっていて、これが、もう。そしてつぎに、全体を絡めていってみたところ、シャキシャキの大根にタレが良く絡んで、更にそれが麺と一緒に口に入ると食感的にも良く、これも、また。それと具の、貝割れ大根のピリっとした辛味もアクセントとして良く、鶏の酒蒸しはしっとりジューシー。あとキュウリもちゃんと味の一つを構成している感がありました。

餃子(5ヶ入) 350円
餃子(5ヶ入) 350円

 こちらは、一緒にいただいた品。っていうか、こちらのお店で餃子をいただくのって何気に初めてだったのですが、若干厚めのしっかりとした皮に包まれた餡はニンニクがバシっと強めに効いていて、なんていうか、日本の中華料理屋さんの肉餃子の味わい。昼間なので自重しましたが、これはビールと一緒にいただくと大層幸せになれそうですね。

チャーハン スープ付き 650円
チャーハン スープ付き 650円

 こちらは、チャーハン好きと言っても過言ではない家人がいただいた品。「美味しい」と申しておりました。

 というわけで、どれも美味しくいただきました。ごちそうさまです。

令和元年8月訪問

栃木県宇都宮市 ラーメン 山岡家 宇都宮鶴田店

 ここ暫くの間、期間限定メニューをあまりいただいていないというか、レギュラーメニューの辛味噌ネギと特味噌ネギが好きなため、たまに来るとついそのどちらかをいただいてしまう山岡家さんですが、ちょっと前から気になる期間限定メニューが登場。

 それがこの、名前からして凄い『地獄の激辛ラーメン』。ウェブサイトには「山岡家オリジナルの味噌スープとハバネロエキス、赤唐辛子を加えた特製激辛スパイスで規格外の刺激と辛さと旨さが誕生しました! 今まで体感したことのない、地獄の辛さをお楽しみください。」などという紹介文があるのですが、個人的にも辛いものはわりと好きだし、あと大好きな特撮ドラマというか映画のセリフに「地獄を楽しみな!」というのもあるので、ここはひとついっかないとと。

地獄の激辛ラーメン 870円 + 味付玉子 110円
地獄の激辛ラーメン 870円 + 味付玉子 110円
半ライス 120円
半ライス 120円

 それで登場して早速、その真っ赤に染まったスープからいってみたところ、確かに辛いっ!!個人的に、山岡家の辛味噌ネギは(よっぽど体調が悪い時を除いて)辛さ激辛でいただいているので、それと同じくらいだろうと高をくくっていたところ、それよりも明らかに辛く感じるというか、ハバネロエキス由来と思われる純粋な辛さが直接ザクっと切り込んでくる感じ。ちなみに、ハバネロ独特の香り(個人的にはちょっと苦手)は、ほぼ感じられませんでした。さらに、いただいている間は、赤唐辛子の辛味が口の中に蓄積。ベースの味噌スープが旨味たっぷり過ぎな分、それでも個人的にはギリギリ味わえるレベルというか、よく味わうと結構好きな味かもしれません。それから、密度感のあるストレート麺や、甘めで食感ちょいパカ系なチャーシューは一般的な山岡家のラーメンと同様で、メンマや青ネギもトッピングや他メニューで使用されていますが、笹切りの白ネギはこのラーメンのオリジナルですね。で、普段というか辛味噌ネギなら、半ライスにはラーメンのスープをかけて楽しむところ、今回は辛くてその余裕がなかったというか、純粋に辛さの緩和剤としていただきました。

 というわけで、十二分に地獄を楽しみつつ完食・完飲して缶バッジを貰ったのですが、これより3倍辛いという地獄のウルトラ激辛ラーメンは、間違いなく完食・完飲が不可能という結論に。さらに、この後丸一日、お腹の不調と戦うことになったので、この品も味的には気に入ったもののリピートすることも残念ながら不可能という結論に。それにしても、ほんと、自身の辛さ+脂耐性が歳とともに低下しているのを実感してしまいました。ごちそうさまです。

令和元年8月訪問

栃木県小山市 中華そば 一楽

 個人的に滅多なことでは行かなくなってしまった県南のほうですが、この日はよんどころないというか、どちらかというと気が重い事情によって小山市まで行くことに。ただ、用務先近くで昼食となった時、某G先生にお伺いを立てたところ、わりと近くにこちらのお店を発見。私のような、最近積極的にラーメン情報を収集していない人間も知っているくらいの有名店じゃないですか。

 というわけで速攻でお伺いすることに決定。お昼のピークを過ぎつつある時間だったせいか、駐車場も空きがあり、お店にもすんなりと入ることができました。で、早速注文ですが、この日はたいへん蒸し暑かったのでつけ麺にもそそられたものの、お店にお伺いするのは初めてだったので、おしながきのトップにあった塩ラーメンに、お店の名前を冠したトッピング追加でお願いしました。

塩ラーメン 730円 + 一楽のせ 220円
塩ラーメン 730円 + 一楽のせ 220円

 席で待つこと少々。登場して早速スープからいってみたところ、私がまず感じたのは動物系の出汁の風味。鶏の他、豚骨というかげんこつっぽい香りもありますね。そこに、揚げネギと刻んだ白ネギの香りと味、やや多めに浮く油からは特有の甘い香りとコッテリ感も加わって、更には、スープ由来かタレ由来かわからないのですが、それらだけではない奥深さも感じられる、何とも滋味あふれる味わいとなっています。そして麺は、細めのストレートタイプ。ツルツルっとした啜り心地で、コシはあるけど歯切れがよい、何とも心憎い食感が。もちろん味の方も、小麦の主張はありつつもスープとマッチしててこれも、また。それと一楽のせにしたお陰で丼いっぱいに載った具ですが、まずは、大振りなロースとΩ状のバラの2種類が楽しめるチャーシューは、部位による肉質以外にも違いが感じられるのが良いですね。それと味玉は、黄身が半熟よりはやや固め(流れ出さない程度)の仕上がり。味加減は当然ながら程よく、卵自体の味も楽しめます。それと太くて長いメンマも、ひと仕事施された感が。あと海苔もよく合っています。

 というわけで、気持ち的に重い時に訪問したにもかかわらずとても美味しくいただいたのですが、加えて、このラーメンに対してちゃんと向かい合いたい一杯になっていました。これなら当然醤油味も気になりますし、限定の鶏白湯もいってみたいし、煮干しも旨そうだしで、近所にあったら間違いなく通うんですが、場所的においそれとは来られないというのが何とも。それでもいつか、機会を作ってまたお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

令和元年8月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、PC自作など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2020/06 07
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アーカイブ

忍者ツールズアクセス解析