たひお備忘録

とりとめのない趣味の活動記録。ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、PC、競馬、モータースポーツ観戦など。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

北海道帯広市 豚丼のぶたはげ 帯広本店

 北海道4日目は、終日帯広で過ごすことになっていたのですが、この帯広というか、十勝地方を代表する食べ物のひとつが豚丼かと。それを個人的には久しぶりにいただくべく、事前にいくつかお店を調べておいたのですが、まず向かったのは、午前10時前から営業しているこちらのお店。名前が結構インパクト有りますが、元々は同じ市内の昭和9年創業、天ぷらと豚丼が有名な「はげ天」(こちらもインパクトがある名前ですが。)というお店の方が始めた豚丼の専門店だそうで、現在は首都圏にも出店されているようですね。

 で、その本店は、JR帯広駅の駅ビルの中にあったのですが、個人的には久しぶりに来た帯広駅が高架駅になっていたり、駅ビルを含めた駅周辺がものすごくきれいになっていたのにかなり驚いたというか。その帯広駅の地下駐車場にクルマを停め、午前10時の開店時間を少々回ったところでお店に着いたのですが、既に店内は満席に近く、ちょっと待ってからの入店となりました。それでカウンター席に案内され、早速注文。ちなみにこちらのお店のメニューは、豚丼と、肉だけの焼き豚、そして飲み物というシンプルさなのですが、豚丼は、豚肉の量によってノーマル(4枚)と特盛り(6枚)があったのですが、その他、ご飯半分豚肉2枚という小豚丼という品があったので今回はそちらにしました。

小豚丼 650円
小豚丼 650円
 それでその小豚丼。見るからに香ばしく焼き上がった豚肉は網で焼かれたもの。実際に、いただいてみると、あからさまなスモーキーさはありませんが、それでも十分食欲をそそる香ばしい匂いに、タレは甘さ控えめのキレがあるタイプだと感じました。それと、豚肉そのものは柔らかいのですが、その柔らかさは入念に下処理として繊維を叩きほぐしたゆえの柔らかさでょうかね。(違っていたら申し訳ない。)またご飯そのものも悪くないのですが、その量は、半分と言いつつも、普通のお茶碗1杯分はあったんじゃないでしょうか。あと小サイズながらちゃんとグリーンピースが乗っていたり、味噌汁とお新香が付いているのも良いですね。

 というわけで、久しぶりの豚丼、美味しくいただきました。ごちそうさまです。

北海道帯広市 六花亭 帯広本店

 帯広市で迎えた北海道4日目。この日最初に向かったのが、市内にあるこちらのお店。六花亭といえば、マルセイバターサンドなどが有名な、帯広というか北海道を代表する菓子店ですが、その帯広本店限定でいただける、サクサクパイというお菓子があるそうで。

 それでお店に向かったところ、午前9時の開店時間を少しだけまわった時間だったにもかかわらず、お店の前の駐車場は既に満車。交通誘導員さんが付くほどの盛況ぶりです。それでしばらく待っててからようやく駐車場に入ることができ、クルマを停め早速入店。広い店内は結構な数のお客さんが入っていて、そんな中サクサクパイは、店頭に追加する度にすぐさま無くなっていくという感じでした。そんな中、何とか購入。それともう一つ別のお菓子も購入して、早速店内の飲食スペースでいただきました。

サクサクパイ 150円 と 雪こんチーズ 160円
サクサクパイ 150円 と 雪こんチーズ 160円
 それでまずはサクサクパイですが、大きな口開けて丸かじりすれば、外側の若干硬質なパイがサクサク!マジサクサクな食感です。また、そのパイの中に入っている絞りたてというクリームも、とっても良い塩梅でした。ちなみにこちらのお菓子、消費期限は本日中、出来れば3時間以内にお召し上がりくださいと注意書きがされているのも、この食感を保つ為ということでものすごく納得です。そして一緒に購入した雪こんチーズですが、こちらは更に美味しくいただくための時間が短く、なんと2時間!中のねっとり濃厚でクリーミーなベイクドチーズケーキと、その側のポリサクなココアビスケットの取り合わせが、何とも良いですね。

 というけで、どちらもとても美味しかったのですが、ほんと、ここまで来ていただく甲斐が、とてもあったというか。ごちそうさまでした。

平成27年7月訪問

北海道帯広市 じんぎすかん 北海道

 根室を後にして向かったのが、今朝出発した釧路を飛び越して、十勝平野のど真ん中にある帯広。色々あってこのような行程になったのですが、帯広に着いたのが午後6時半過ぎということで、宿に行く前に夕食を済ませてしまうことにしました。

 それでお伺いしたのがこちらのお店。実は以前、帯広競馬場で行われているばんえい競馬の騎手さんのインタビュー記事で、こちらのお店がお気に入りだと読んだ記憶があり、それ以来気になっていたというか。で、前述の時間に到着したのですが、駐車場はほぼ満車、店内もほぼ満席のよう。待つのもやむなしと思いましたが、丁度出たお客さんがいたのかすぐに案内していただきました。

焼野菜 330円 と キングマトン 600円
焼野菜 330円 と キングマトン 600円
(キングマトンを焼いたところ)
キングマトンを焼いたところ
牛サガリ 650円 と キングラム 700円
牛サガリ 650円 と キングラム 700円
ラム(塩) 550円
ラム(塩) 550円
マトン 450円
マトン 450円
生ビール 520円 と ウーロン茶 180円
生ビール 520円 と ウーロン茶 180円
ウーロンハイ 400円
ウーロンハイ 400円
いなきび(小) 230円 と ライス(小) 130円
いなきび(小) 230円 と ライス(小) 130円
 それで色々といただいたのですが、こちらのお店では、あらかじめ肉と野菜がセットになっているのではなく、肉は肉、野菜は野菜で別に注文するシステムになっているんですね。で、どれもすこぶる付きで美味しかったのですが、個人的に一番気に入ったのが、キングマトン。マトンの肩ロースの部分だそうですが、お肉というか脂というか、それ自体が持つコクがたまらなく、個人的に今までいただいたマトンの中でもこれがベストと言える味でした。(まぁ、ジンギスカン自体そんなにいただいたことがあるわけではないのですが…。)また、同行者が一番気に入ったと申していたのがラム(塩)。こちらは、比較的あっさりとしたラム肉にこれまたあっさりとした塩ダレがベストマッチ、という感じでした。もちろん、これ以外のお肉も、味付けのタレは良い塩梅に効いていますし、肉本来の味の違いも十二分に堪能出来て、大満足。それと、一緒にいただいたいなきび飯は、ぷちもちした黍とほっくりした豆食感が面白く、ジンギスカンとの相性も良かったです。

 というわけで、大変美味しくいただいたのですが、そのおかげで、ついつい食べ過ぎ、かつ飲み過ぎてしまいました。(酒類は、じつは両方とも複数杯いっているもので…。)このお店を知るきっかけを与えてくださって騎手さんに感謝すると共に、また帯広を訪れた際は、是非ともこちらにもお伺いしたいですね。ごちそうさまでした。

平成27年7月訪問

北海道根室市 鈴木食堂

 北海道3日目。釧路の宿から向かったのが、この日、目的とするものがいくつかある根室市。それで、そのうちの一つが納沙布岬にあるこちらのお店だったのですが、昔、お店のことを知った時は、ここで日本最東端のラーメンがいただけるとのことでした。ですが今回、それを目当てにお伺いして、いざ注文と言うことでお品書きを見ると、あら…。そこには、ラーメンの文字は無くなっていていました。

さんま丼セット 1600円
さんま丼セット 1600円
 しからばといただいたのが、こちらの名物であるさんま丼と、花咲ガニの鉄砲汁を組み合わせたこのセット。っていうか、こちらのお店についてネットで調べた時に一番出てきた品がこのセットだったりしたんですよね。それでまずはさんま丼ですが、丼の表面には銀色に輝く、いい塩梅に味の付いたサンマが一面に敷き詰められていて、それをご飯と共に豪快にいただけば、もう!まだシーズンには若干早いためか、サンマは冷凍物(その旨ちゃんと表記してあります。)ですが、それでも十分美味しいですね。(むしろ、冷凍物の方が、寄生虫に対するリスクが無くなって良い面も。)また鉄砲汁は、今がシーズンである筈の花咲ガニの旨味、そして風味が汁に溶け込んで、こちらも美味。そしてボリュームも結構あります。ただ、カニ(厳密には、花咲ガニはカニじゃなくてヤドカリの仲間なんですが。)汁の常で冷めてくると若干風味が落ちるように感じるのですが、そのつくり故にスピーディーにいただけないのが少々もどかしいというか。でも、殻ごと煮ないとこの味は出せないんですよね。あと付け合わせの昆布の煮物が、何気に良かったというか。

カニカレー 800円
カニカレー 800円
 こちらは、同行者がいただいたもの。例によって味見させて貰いましたが、ルーの中には、花咲ガニと思われる蟹肉がゴロゴロ入っていて、それがカレーと以外なマッチングの良さ。カレーの懐の広さを改めて実感すると共に、それに負けない花咲ガニの旨味もすごいな、と。

 というわけで、目的とした品はいただけなかったのですが、逆にそのおかげで名物をいただけて、それはそれで良かったです。ごちそうさまでした。

平成27年7月訪問

北海道幌泉郡えりも町 えりも岬観光センター

 襟裳岬を堪能して駐車場に戻って来た時、駐車場に面する2軒のレストハウスのうち、先ほど立ち寄らなかったほうに、あるものを発見!それは、今日のこれまでの道中でも見かけてもので、同行者によると、(同行者が好きでよく見ている)旅の動画によく登場し、興味本位でいただいた者は結構な確率で返り討ちにされているという品でした。

昆布ソフトクリーム 380円
昆布ソフトクリーム 380円
 それがこの昆布ソフト。作るところを見ていると、まずカップの底に昆布パウダーを投入したのち、マシーンからソフトクリームを絞り入れ、そして仕上げにまた昆布パウダーを、写真でも判るとおりたっぷりと振りかけるという、それだけで結構手強そうな感じが。で、店のお姉さんが「よく混ぜてお召し上がり下さい」とのことだったので、そうしてからいただくと、バニラアイスに昆布パウダーの塩気がマッチして、今流行の「塩スイーツ」といった感じの味わい。もっとも、その塩気の後に、昆布が持つ旨味と、更にその後方から磯の風味が追いかけてくるのですが。そういえば昆布って、昆布飴とか、昔からお菓子に使われてきた食材なので、そうそう変な味にはならないよなぁ、なんて思いながら完食いたしました。

 というわけで、個人的には全然アリという感じだったのですが、ネタ的には若干肩すかしという気がしないでもなかったというか。ですが同行者に味見させたところ、一口で悶絶。バニラ+磯の風味が激しく駄目だそうで。やはりこの辺は、好みが激しく分かれるみたいですね。ごちそうさまでした。

平成27年7月訪問

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、自作PC(AMD派)など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

12 2020/01 02
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ