たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

北海道札幌市 成吉思汗 だるま 本店

 札幌競馬場での勝負を終え、これから2泊することになる宿にチェックイン。一休みして疲れを癒やしてから向かったのが、ジンギスカンの超有名店であるこちらのお店。個人的に、ここ10年くらい前から札幌に泊まる時はかなりの頻度でいただいているジンギスカンですが、これまでは団体旅行(その時はこちらのお店)だったり、家人と来た時も行列や混雑が嫌で予約が出来るお店がファーストチョイスだった(こちらこちらこちらのお店など)ところ、今回は気楽な一人旅故、間違いなく混雑していて、間違いなく並ぶことになる(ちなみに予約不可です。)こちらのお店に、初めて行くことが出来たという。

 ただ、それでも並ぶ時間は極力短くしたいと思い、ちょっとはお客さんも空いてくるかなと午後9時半頃にお伺いしたのですが、まだまだ空きませんよとばかりに店外には10人以上の行列が。ちなみにお店に向かう途中、近くにある(だるまさんの)支店をチェックしたところ、ちょいと離れたお店には行列がなく、すぐ近くのお店は店外待ちが多少あったけどここよりも回転が速そう。ですが、折角なので本店でいただこうと、その後ろに並ぶこと暫し。途中、私の後ろに並んだグループがしびれを切らして支店へ向かったものの、私の前の人たちはそのようなこともなく、並んでから1時間弱で入店となりました。

 それでようやく入った店内は、馬蹄形のカウンターと、その中に厨房という感じで、十数人も入れば満席になってしまう狭さ。またカウンター上には炭火が熾ったジンギスカン鍋が席数よりも少なく置いてあり、私の両脇など、二人連れのお客さんは2人で1つの鍋を囲むところ、一人客の私は1つの鍋を使わせてくれるよう。ちなみにその鍋には、席に着く直前に、タマネギと長ネギが投入されました。それにしても、お店の狭さとか、席に座ると隣の方との距離がとても近いところが、昔ながらのお店という雰囲気を醸し出していますね。

瓶ビール 600円 と お通し(おしんこ) 200円
瓶ビール 600円 と お通し(おしんこ) 200円
成吉思汗 850円 と ヒレ肉 1150円
成吉思汗 850円 と ヒレ肉 1150円
ライス(普) 200円 と キムチ 350円
ライス(普) 200円 と キムチ 350円
(いただいているところ)
ライス(普) 200円 と キムチ 350円

 で、席に着いたら早速注文。とりあえずノーマルの成吉思汗(ジンギスカン)と、数量限定というヒレ肉が残っていたのでそれとを1つづつと、ビールは老舗の雰囲気を感じたくてあえて瓶ビール。そして定番というキムチにライスもお願い。すると最初に瓶ビール(と、セットになるお通し)が出てきたのですが、なんとビールの銘柄は、季節限定のキリン秋味。立秋は過ぎたとはいえまだ8月だし(31日ですけどね)、季節限定品というところが老舗というよりモダンっぽくもあったのですが、これはこれで美味しいから良いか、と。

 その秋味で喉を湿しているうちに、注文した品が続々と登場。とりあえず肉を鍋に載せ、表面だけ焼いたくらいでタレに浸けていただいてみたところ、これが成る程!というお味。まずは成吉思汗ですが、マトンにもかかわらず独特のクセは少なめ(もっとも、個人的にマトンは全く平気な人なので参考にならないかもしれませんが。)で、肉質はいかにもフレッシュという感じ。更にヒレ肉は、よりクセが無く、とってもジューシー!どちらもそれぞれに良いですね。それとこちらのお店はタレが特徴的というか、角の取れた醤油味がベースなれど甘さがほとんど感じられない、何ともサッパリした味わい。ジンギスカンと言えば甘味の付いたタレという思い込みがあったので少々驚いたものの、この方が肉の味をより味わえる気がしますね。尚、カウンター上には、細かく刻んだニンニクと唐辛子があり、適宜タレに入れて食べるとまた良いのですが、元々のタレの味がとてもサッパリしている故、少量でも味の変化が(特にニンニクは)顕著に出る気がしました。(もっとも隣に座った、お店には何度も来たことがあるというオジサンは、タレの液体分が無くなるくらいニンニクを入れていましたが、そのあたりは好き好きですね。)あと、タレが足りない場合は、店員さんに頼むと器に足してくれます。

 あとはビールと共に、お肉やらキムチやらご飯やらをひたすらワシワシといたただけば、もう、間違いないというか。ですがご飯はあえて半分ほど残しておき、最後に「お茶漬け」をお願いします。というのもこの茶漬け、メニューには載っていないのですが、こちらのお店のお約束になっているそうで、お願いすると店員さんがご飯の器にお茶を注いでくれます。で、そこに残ったタレと、更に残しておいたお肉とキムチも投入してズルズルっいただけば、これもまた。ちなみに店員さんが注いでくれたお茶には、どこかハーブティーというかルイボスティーを思わせるような風味があり、それが羊の脂をスッと流してくれるような気がしました。

 というわけで、最後の〆まですっかりと堪能したのですが、その味は勿論のこと、この本店の雰囲気を味わうために行列したりたのも、旅のアトラクションとしては良かったなぁ、と。(もっとも次にお伺いする時は、味的には変わらないというので、比較的空いている支店にしますけどもね。)ごちそうさまでした。

令和元年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
11 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ