たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

東京都千代田区 蟹専門 けいすけ 北の章 【閉店】

 東京駅の南八重洲口地下1階には、名の知れたラーメン店が集まる『東京ラーメンストリート』という所があるのですが、先日、仕事で東京まで行った際に、新幹線で東京駅に到着したのが丁度お昼ちょっと前。なので、昼食にちょっとち立ち寄ってみることに。それでどちらでいただこうか大変迷ったのですが、今回は、たまたま奇抜な格好の丼が目に付いたこちらにお伺いしてみることにしました。

極上渡り蟹の味噌ラーメン味玉入り 950円
極上渡り蟹の味噌ラーメン味玉入り 950円
 で、列に並ぶ前に食券を購入したのは、こちらのお店の一番人気というこちらのメニュー。食券を出してから待つこと少しで登場したのですが、生で見ると更にインパクトありますね、この丼。ちなみに、網走と知床半島の間のオホーツク海あたりに盛られているのはおろし生姜で、好みで混ぜて欲しいとのことでした。それでまずは、丼から直接は無理なのでレンゲでスープを啜ると、蟹の風味がグっと来ますね。個人的には、蟹の風味と旨味を加えた札幌あたりの味噌ラーメンという感じがしたのですが、かなり味が濃いめなところも、そんな印象に繋がったのかもしれません。また麺は、縮れの入った中太の物。加水率低めの硬質な食感が、こちらも札幌あたりのラーメンを思い起こさせます。あと具は、挽肉とモヤシホロッとした食感のチャーシューと、ねっとりした黄身の具合が頃合いの味玉と、細目であっさりしたメンマ、そしてモヤシや挽肉など。また、上に載った柚子が、濃いスープの中で良いアクセントになっているように感じました。そして、途中から前述のおろし生姜を投入してみたのですが、元のスープが大変しっかりしているせいか、全部入れても生姜にもっていかれることなく、良いアクセントという感じですね。

 というわけで、最初は奇抜な丼に目が行ったのですが、お味の方もなかなかというか、美味しくいただきました。でも、味がとっても濃いせいか、無性にライスが欲しくなりますね。ごちそうさまでした。

平成23年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ