たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

熊本県熊本市 桂仙らーめん

 先日、用足しとか競馬とか諸々を兼ねて熊本に行ってきたのですが、熊本に着いて早々「まずは熊本ラーメンだ」とお伺いしたのがこちら。熊本県菊池市に『桂仙』という昭和45年創業の老舗ラーメン店があるのですが、そちらと関係のあるお店とのこと。お店に入ると早速濃厚な豚骨の匂いにお出迎えされたのですが、その匂いだけで、ものすごくテンション上がってきました。

桂仙らーめん(A麺) 570円
桂仙らーめん(A麺) 570円
 で、いただいたのは、店名を関したこちらのラーメン。こちらのお店で一番ベーシックな物のようです。それでまずはスープを啜ると、久留米の屋台で修行したという菊池市の桂仙の流れを汲み呼び戻し製法で取られた豚骨白湯は、かなりの力強さかと。でも、必要以上に荒ぶっていないのが良いですね。また、上にかかっているのはマー油でしょうか?ニンニクの香りが良い感じで効いています。また麺は、A麺とB麺の2種類から選べるのですが、「もっちりとした食感のやや太麺」というA麺をチョイス。確かにそのような食感で、スープと良く合っていますね。そして具は、さっぱりとした感じのチャーシューが、これまたスープと合っていると思いました。他にも、定番のキクラゲや海苔の他、良い塩梅の味玉が1/2個乗っていました。

桂仙黒丸(B麺) 600円
桂仙黒丸(B麺) 600円
 こちらは、1日20杯限定だそうで、同行者がいただいたものを例によって味見させていただきました。それでスープは、前述の濃厚でパンチのある豚骨白湯に、10日以上熟成させたという特製醤油ダレが塩梅良く効いています。また、マー油というかニンニク風味も、こちらの方が心なしかガツンと感じられるような。こちらもA麺とB麺の2種類から選べる麺は、「シコシコした食感のコシのある中細麺」というB麺にしたのですが、この麺もなかなか。そして、桂仙ラーメンには載っていない具のモヤシが、コッテリとしたスープにとても良く合っていました。 豚骨醤油味とは言っても東京の物とは違い、当地のラーメンをベースに仕立てられたという感じがして良いですね。

 というわけで、どちらもとっても美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成23年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ