たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 釜彦

 前の記事から続くスープ入り焼きそば初体験パート2なのですが、今度は、スープ入り焼きそばの元祖とも言われるこちらのお店。少々狭い駐車場にクルマを停めて入店したのですが、こちらのお店も、店内には取材で訪れたとおぼしき有名人の色紙がズラリ。(こちらのお店のほうが多いような…。)そんな中、こちらでも焼きそばの炒める音を聞きながら出来上がりを待ちます。

スープ入焼きそば 700円
 スープ入焼きそば 700円
 で、登場したスープ入り焼きそばは、麺にソースの色があまり染みておらず、一見すると醤油ラーメンのような見た目なのですが、その香りは、ツンとするソースが前面に出てこないというか、ソースと、動物系の中華スープと、中華麺の香りが渾然一体となったような印象。それでまず一口スープをいただいてみたのですが、最初に感じた香りの印象同様、登場した時点でソースとスープと麺とか混ざり合ったなんとも複雑なお味というか。先程いただいたお店のはスープと焼きそばがいただいていくうちに混ざり合っていくように感じましたが、こちらのは最初から渾然一体という感じですね。また、味付けというかソースの味は、先程のお店より甘さ控え目でスパルタンという感じです。そして麺は、細い縮れ麺で、スープをよく拾います。あと具の肉が、こちらは鶏肉で、しかも柔らか。他には、シャキっとた歯応えのキャベツ良いですね。それと、こちらのお店は接客も気持ちよく、会計の際には、店主さんがわざわざ厨房から出てきて、「お気を付けて」と声をかけてくださいました。

 そんなわけで、スープ入り焼きそばの初体験パート2は終了したわけですが、個人的な感想では、"焼きそば+スープ"というか、"ソース焼きそば味のラーメン"といった感じの味のこばや食堂さんと、焼きそばとスープが渾然一体になった、当たり前ですが"スープ入り焼きそば"といった感じの味の釜彦さんの、どちらのお店もそれぞれ個性があり、どちらも美味しくいただきました。これはちょっとクセになりそうというか、もっと早く食べておくべきだったなぁ。ごちそうさまでした。

平成20年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ