たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

岩手県盛岡市 ラーメン スガワラ (盛岡競馬場内)

 7年ほど前、初めて盛岡競馬場にお伺いした時、(その時は7月で暑かったせいもあって)競馬場にいたオッサン、おじいさん達が、こちらのお店でやたらと注文していたメニューが、「中華ざる」。個人的には、食堂やラーメンも出しているような街中のそば屋さんでよく見るメニューという印象で、表記も、「中華ざる」だったり「ざる中華」だったりするのですが、ようは、茹でてから締めた中華麺を、冷たいめんつゆに浸けていただく食べ方だったかと。で、調べてみるとこのメニューって、東北地方を中心に食べられているローカルメニューなんですね。(ウィキペディアによると、北海道では「ざるラーメン」という呼び名とのこと。)個人的には、栃木県内で何度か食べたことがあるのですが、決して全国的なメニューじゃなかったというのを、今知った次第で。

中華ざる 600円
中華ざる 600円

 それで注文する際、「10分ほど待ってください」と言われたのですが、確かに、麺を一度茹でてから冷水で締めるという工程は時間がかかりそう。(数が出る夏場は見込みで調理が出来ますが、お伺いした10月下旬ともなれば、そうそう数が出ないので、そうもいきませんからね。)もっとも、実際にはそれほど経たずに登場したのですが、早速、麺をツユに浸けて啜ってみると、これがなかなか。流水で締められた中華麺はツルリとした啜り心地のシコッとした噛み心地が増し、そこに冷たい蕎麦ツユがサッパリと。またツユ自体の味も、絶対的には濃い味なのですが、角の立たない優しい感じが良かったです。また、量的にもボリューミーで、薬味のワサビがまた合いました。

 というわけで、オッサンやおじいちゃんに受けるメニューということが、実際にいただいてみるとよくわかりました。で、50手前のオッサンである私も、季節外れにもかかわらず、美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成30年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
3 5 8
13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アーカイブ

忍者アナライズ