たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 手打ち 小峰屋

 昨年6月に家人とお伺いした時、家人共々「また来たい」と思いつつも、その時以来の訪問となってしまったこちらのお店です。

 入口を入ったところにある所津券の券売機で色々と購入後、テーブル席へ。日曜日のお昼少し前という時間帯だったのですが、店内はサラッとテーブル席が埋まるほどの混み具合でした。

お新香(サービス)
お新香(サービス)

 席についてまず、サービスのお新香が登場。塩加減は程良く、使われている野菜がキャベツ、ニンジン、大根、キュウリ、昆布にミョウガと、種類が多いですね。

塩チャーシュー麺 850円
塩チャーシュー麺 850円

 それで今回私がいただいたのは、こちらの品。まず始めにスープからいってみたところ、鶏の味が濃いめに出ており、同時に感じるまろやかさは昆布からでしょうか。それと煮干しも使われているとのことですが、その主張は強くなく、味わいに深みを与えているよう。全体的にアッサリしているけど、旨味はしっかりと感じられますね。そこに合わせるタレは「胡麻塩ダレ」とのことですが、胡麻は声高に主張せず、味加減は丁度良いです。また手打ちらしいフォルムの麺は、ピロピロっとした口当たりで、食感も若干柔らかめ。個人的には、柔らかい麺も嫌いじゃないので、これはこれで良い感じだな、と。そしてチャーシュー麺だけあって2種類のチャーシューが載っているのですが、どちらも柔らかく調理され、モモ肉のは肉肉しく、バラ肉のは脂の味を堪能できました。それとメンマも柔らかく、味加減は適度です。

餃子 350円
餃子 350円

 こちらは、一緒にいただいた品。良い意味で相変わらずの羽根付きですが、その羽がクリスピーで香ばしく、皮は薄め。中の餡はシャキシャキっとした食感から野菜がたっぷりと推察。それとニンニクよりショウガ効いてる気がしました。で、何も付けずともいけたのですが、個人的には、お酢のみでシンプルにいくのが旨かったです。

醤油ラーメン 650円
醤油ラーメン 650円

 こちらは、家人がいただいた品。例によって少々味見させて貰ったのですが、こちらもスープの出汁は鶏と昆布、そして煮干と同じながら、醤油ダレが加わる事によって、やっぱりとてもわかりやすい味になるなぁ、と。

 というわけで、確か前回も美味しくいただいた記憶があるのですが、それから1年とちょっと経った今回の方が、ラーメンも餃子も、より美味しく感じられました。これは、もっとマメにお伺いしないと駄目ですね。ごちそうさまでした。

平成30年9月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ