たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 手打ちうどん 美月

 11月にお伺いした時、(失礼ながら)思いの外美味しくて、家人共々近いうちに再訪しようと思っていたのですが、この日、そのチャンスが。で、前回は、家人共々、ウドンとツユ共に温かいうどんをいただいたので、今回はウドンは冷たくツユは温かい、つけ麺スタイルのをいってみようかと。

舞茸天つけ(大盛) 1100円
舞茸天つけ(大盛) 1100円
 それで私が注文したのが、前回お伺いした時は品切れとなっていたこちらの品。並盛りだと950円なのですが、150円増しの大盛でお願いしました。で、登場して早速、まずはウドンのみで何も付けずにいただいてみたのですが、これがまた。前回は鍋焼きうどん=ツユで煮た芯まで温かい状態だったので、どちらかというとシコシコ感というよりもっちり感が支配する食感だったのですが、冷たい状態のこちらは、シコシコ感が増している感じが。それも、いかにもグルテンっ!という過剰なもので無く、歯を入れると若干硬質ながら適度に押し返すようなところが個人的には当地のウドンらしくて良いんだなぁ、と。そして次に、ツユに浸けていただくのですが、そのツユ、適度な出汁感に甘さ控えめの味付けが加わって、これも好み。そこに、揚げたての舞茸の天ぷらを一部投入すれば、これはもう、間違いようのない味というか。ちなみに、使われている舞茸は、相当立派なサイズで、歯応えのあるしっかりとしたもの。揚げ方も上手く、これだけで延々いけますね。あとは、途中で舞茸天を挟みつつ、ウドンをツユに浸けひたすら啜るのですが、大盛だと結構ボリューミー。あと、ツユには柚子が入り、ウドンの上には刻み海苔が掛けられていたのですが、これらが結構主張するというか、人によっては好みが分かれるかもしれません。(個人的にはどちらも好きなので全く問題ないですが。)それから、今回添えられていた小鉢はひじきを煮たものだったのですが、今回も味加減が良かったです。

とり肉のつけ汁 900円
とり肉のつけ汁 900円
 こちらは、家人がいただいた品。名前のとおり、つけ汁には鶏肉がたっぷり入っているのですが、さらに舞茸も結構入っていて、これらの旨味が元々のツユと合わさって、何とも良い感じに。これはあとで、自分で注文して丸々いただきたいですね。

 というわけで、どちらもとても美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成29年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
3 5 7
9 11 13
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

忍者アナライズ