たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 軍鶏ラーメン 美幸

 栃木県内はおろか週末には県外からもお客さんが来るこちらのお店ですが、実は、お伺いするのは今回が初めて。何ていうか、長年の宿題だったんですよね。

 で、同行者と二人でお伺いし、塩ラーメン+煮玉子としょうゆラーメンをお願いしたところ、麺が細麺と手打ち麺から選べるとのことなので、今回は両方とも手打ち麺でお願い。また、今日は(お品書きに要予約と書かれた)焼きしゃもとしゃも刺も出来るとのことなので、追加で焼しゃももお願いしました。

焼しゃも 700円
焼しゃも 700円
 店主さんの軍鶏に対する熱い思いを聴きながら暫くすると、軍鶏を焼く何とも良いい香りが漂ってきて、ほどなく焼きしゃもが登場。その時、今日はどのような軍鶏を使ったのか店主さんが教えてくれました。早速一切れ口に入れてみると、適度な塩気に、焼いている時も感じたスモーキーな香ばしさや脂のコクを感じます。そして噛み締めると、クセがなく上品ですがとても力強い肉の味が。で、歯応えは相当ハードですが、噛む度にどんどん旨味が染み出してくるような感じがして、おかげで何時になっても飲み込めないというか、噛むのを適当に切り上げないと、いつまで経っても食べ終わらなくなってしまいそうです。また、皮や身から、鶏肉独特のちょっと嫌な風味が全く感じられない事にも驚きました。

塩ラーメン(手打ち麺) 700円 + 煮玉子 100円
塩ラーメン(手打ち麺) 700円 + 煮玉子 100円
しょうゆラーメン(手打ち麺) 700円
しょうゆラーメン(手打ち麺) 700円
 と、焼しゃもを堪能していると、ラーメンが登場。とりあえず最初は私が塩、同行者がしょうゆをいただいて、お行儀が悪いですが途中から交換していただくことにしました。そんなわけでまずは塩ラーメンからいただいたのですが、透明なスープの表面には綺麗な黄色の鶏脂が浮いていて、一口啜れば、あっさりとした中に感じる軍鶏の旨味。また、これも先程の焼きしゃも同様に、鶏独特のちょっと嫌な風味が全く感じられません。何ていうか、先程とは違う軍鶏の味を堪能できますね。ちなみに醤油味の方は、これに加えて醤油の醸造風味と若干の甘みが感じられ、また別の味になっているというか、塩味に較べ判りやすい美味しさになっている気が。両方とも甲乙付けがたいのですが、私は塩味、同行者は醤油味が好みということになりました。そして、今回選んだ手打ち麺は、形状的には縮れの効いた平打ち麺で、ピロピロっとしつつもなめっこい食感。個人的には塩味の方がより合っているような気がしました。それと、何気に具のチャーシューが絶品というか、丁寧な作りを感じ、甘じょっぱい味付けも絶妙。追加の煮玉子はあっさりとした味付けで黄身がホコっとした個人的に大好きな火の通し加減ですし、たっぷりと載るメンマや瑞々しい青菜も嬉しいです。

 というわけで、ラーメンも焼しゃもも大変美味しくいただいたのですが、加えて、いただいている時はもちろん、後味も大変素晴らしかったです。お陰で、食後の余韻に浸りながら幸せに帰宅することができました。ごちそうさまです。

平成21年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
2 4
8 10 12 14
16 18 20
23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

忍者アナライズ