たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 煮干中華そば のじじ

 こちらのお店。2013年のオープン後、瞬く間に有名になったのですが、個人的にはお伺いしようとしても、たまたま定休日だったりしてなかなかお伺い出来ずにいました。ですがこの日、インターパーク付近に用事が出来たので、そのついでにとうとうお伺いすることが出来ました。

 お店には、午前11時20分頃到着。事前に調べた時、午前11半が開店時刻だと思い込んでいたのですが、土曜日と休日は午前11時になるんですね。なので店内は満席で、店外の椅子にも5,6人座っている状態だったのですが、その最後尾に座ったところ、店員さんが出てきて、「先に食券をお願いします」と優しくおっしゃってくださいました。ちなみに、この店員さんに限らず、調理を担当されていた男性の店員さん(2名)を含めて、皆さん接客がとても好印象でしたね。で、入口の所に設置された券売機で同行の家人の分も含めて食券を色々と購入。丁度、開店と同時に入店したお客さんが帰るタイミングだったこともあって、5分程で入店、更にそこから5分程でラーメンとご対面となりました。

煮干中華そばHARD 800円 + 煮卵 100円
煮干中華そばHARD 800円 + 煮卵 100円
 それで私がいただいたのが、こちらのHARD。ちなみにこちらのお店、ラーメン類のメニューは基本的に「煮干中華そば」のみで、それがEASY、NORMAL、HARDの3種類(他にも、曜日時刻限定で別メニューあり。)に分かれているのですが、その中で今回はHARDにした次第。またHARDは数量限定らしく、券売機の所に「本日は限定18食」という貼り紙がしてありました。で、登場すると縦に長めの洒落た丼からは煮干しの香りがビンビンに漂ってきたのですが、早速、見るからにHARDそうなツユからいってみたところ、トロッとした口当たりと同時に、濃厚な煮干しの風味と旨味がグイグイと。ですが、過剰な苦味やエグみはなく「個性」の範疇に収められているところに、丁寧な仕事を感じます。それと、ベースには動物系の旨味もあるようで、とても分厚い味というか、これで無化調というのは驚きですね。そこに醤油ベースのタレが良い塩梅で効き、これがもう。また麺は、細めのストレートタイプ。茹で加減はやや固めで、加水率低めっぽい若干ボリっとした噛み心地ですが、ただブツっと噛み切れるのではなく、しっかりとしたコシも兼備されていますね。そして具のチャーシューは炙られているのでしょうか?香ばしさと、最初からホロっと崩れる温かさを感じます。あとメンマは、太いものがダイス状に切られた特徴的なもので、おとなしめに感じる味付けが合ってます。更に薬味的白ネギの他、タマネギが、濃いめかつ強めな味の中でスキっと良い仕事を。券売機には玉ねぎUP(50円)の食券もあったのですが、確かに、増量しても良さげですね。それと追加の煮卵は、黄身の中心部がねっとりしっとりとした火の通し加減で、味加減も良い塩梅でした。

ニボバタご飯 200円
ニボバタご飯 200円
 こちらは、一緒にいただいた品。ご飯の上にはフレーク状になったチャーシューの他、白ネギとタレ、そしてハート型の、煮干粉が練り込まれたバターが2切れ載っていました。で、それらを熱いうちに混ぜ込みいただけば、これがまた。タレの加減も良い塩梅なのですが、煮干しとバターって、こんなに相性が良いものなんですね。(その為に、色々と工夫されているとは思うのですが。)

CONTINUE(追い玉) 200円
CONTINUE(追い玉) 200円
 こちらも、一緒にいただいたもの。ちなみにこの品。煮干中華そばを注文した方限定となっています。で、中央部が窪んだ特徴的な容器に入って登場したのですが、その中には麺とタレが入りその上には、煮干し粉、フレーク状になったチャーシュー、白ネギが。そして回りの平らなところには、何かソースの様なものとブラックペッパーが綺麗に盛りつけられています。で、まずは中心部の麺やタレをよく混ぜてそのままいただけば、味加減も良く、これだけで立派に一品になっているというか。次に、甘酸っぱいソース(バルサミコらしいです)やブラックペッパーに絡めていただけば、これもまた。最後は、残ったHARDのスープに浸けていただいてみると、更にまた。そんな感じで、味もさることながら、何とも楽しめる一皿になっていました。

煮干中華そばNORMAL 750円
煮干中華そばNORMAL 750円
 こちらは、家人がいただいたというかいただかせた品。例によって味見させて貰ったのですが、スープの煮干し味がHARDと比べて控えめとなり、こちらの方がより万人向けに。だからといって決して物足りない感は無く、全体のバランス的には良く感じます。これは味見ではなく、自分の品として丸々一杯いただきたいですね。

 実は、食券を購入した時、少々やり過ぎてしまったとも思ったのですが、どれも相当美味しく、そして店員さん達のお陰で気持ちよく、スルッといただく事が出来ました。自宅からインターパークまではクルマで1時間以上掛かるので、ちょくちょくは来られないと思うのですが、是非ともまたお伺いして、今度はNOMALやEASY、そして今日は売り切れになっていたHARD(裏)やEX-HARD、手羽白湯Ver.もいってみたいですね。ごちそうさまでした。

平成29年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1
3 5 7 9
11 14
19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ