たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 丸鶏ラーメン 甚八

 こちらは先日、その近くに所用で行った時に偶然見つけたお店。っていうか、寡聞にも今まで知らなかったものの、当地では結構有名なお店のよう。それで日曜日の開店直後にお伺いしたところ、コンパクトな店内には先客が2組。(その後も入店が続き、ラーメンをいただく頃には満席でウエイティングも出ていました。)BGMはジャズ系のインストが流れ、落ち着いた感じ。また、壁に貼られた注意書きから色々とこだわりのあるお店のようですが、それについては私も賛成できることが多く、特に、香水付けてラーメン屋さん(を含む飲食店)に来る人については、客のフリした営業妨害なのでは、と思っているところです。

 と、話が逸れましたが、品数がわりと豊富な中から以下の品々の注文。待っていると、先客のラーメンが提供されたのですが、そこから漂ってくる鶏の良い香りが何とも素晴らしく、期待感が高まりました。

正油ラーメン 680円
正油ラーメン 680円
 それで私がいただいたのが、メニュー表の一番上に書かれていたこちらの品。目の前に丼が置かれると鶏の香りが一層強く感じられますが、その理由の一つは、スープ表面で美しい黄金色の玉になっている鶏油でしょうか?で、それをよく混ぜつつレンゲでスープをいってみたところ、お味のほうも鶏出汁の旨味をベースに、生醤油っぽい香りのエッジと、最初はそれほどでも思ったけどいただいていくうちにしっかりと感じる塩気のエッジも。また麺は、ヌチモチっとした歯応えが手打ち感たっぷり。そしてどんどんスープと馴染んでいくように感じ、最後の頃、スープを吸い込んで若干柔らかめになったところも悪くないです。それと具はオーソドックスな構成ですが、アッサリしてるけど豚肉の味の良いところだけ引き出したようなチャーシューに、歯応えが残る絶妙な茹で具合のほうれん草が印象的でした。

餃子3コ 350円
餃子3コ 350円
 こちらは、一緒にいただいたもの。皮から手作りだそうで、焼き目はサクっとした食感なのですが、それ以外はとってもジューシー。ほんと、餡も焼き目以外の皮もトロっトロでした。ちなみに、ニンニクは使われていないので、匂いが気になる時でも安心ですね。

チャーシューメン【しお】 930円
チャーシューメン【しお】 930円
 こちらは、相方がいただいたもの。例によって味見させて貰ったのですが、(当たり前ながら)こちらは醤油の風味がない分、よりストレートに鶏の味わい、特に香りと油の甘さが際立って、もう。ほんと、鶏の美味しいところだけ十二分に堪能できそうです。

 というわけで、どれもかなり美味しかったのですが、メニューには他にも、背脂が入ったものや担々麺まであって、何度か通わせて貰わないとこちらのお店の真価は判らないのかもしれません。なのでまた、機会を見つけてお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成29年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ