たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

岩手県北上市 みちのくラーメン

 前の記事でも書いたとおり、福島競馬場を訪れたこの日。勝負を終え競馬場を後にして、福島西ICから東北道で向かった先は、自宅ではなく反対方向、しかも自宅までの距離よりもかなり遠い、岩手県北上市という所。ここにあるホテルで一夜を明かす事となったのですが、生憎夕食が未だだったので、ホテルのフロントでいただいた食事処の地図を手に、なんとなく向かったのがこちらのお店です。

 ちょっと懐かしい雰囲気のある広めの店内は、午後9時前という時間にもかかわらずというか、ということもあって、だいぶ賑やかに盛り上がっていました。どうやら飲み屋街が近くにあるので、飲んだ後とか、繰り出す前に腹ごしらえで来ているお客さんが多いみたいです。そんな中、餃子、ビール、そして〆のラーメンといただきました。

ビール(中) 530円
ビール(中) 530円
ギョウザ 320円
ギョウザ 320円
 そんなわけで、最初は餃子を瓶ビールで。で、この橋座。皮は薄めでパリパリ感があり、中の餡は基本的にはにオーソドックスなれど、ニンニクがギンギンに効いていて旨いです。それにしても、餃子とビールは鉄板の組み合わせですね。

みそバターコーンラーメン 750円
みそバターコーンラーメン 750円
 そしてラーメンは、卓上のお品書きの中で左上に大きな写真と共に書いてあったこちらの品。微妙に穴が空いたレンゲが面白いのですが、当地ではよく使われるタイプなんですかね。で、まずはスープですが、表面に結構油が浮いているのでコッテリ感もそれなりにありますが、ベースはどちらかというとあっさりしているようで、それ故味噌の風味が良く感じられ、味噌ダレに使われていると思われる香味野菜のパンチや濃いめの味付けもビシっと決まっている印象。そこにバターがまろやかさやコクをプラスしていて、飲んだ後の舌でも判るハッキリとした味ですね。そこに合わせる麺は、ウェーブがかった中くらいの太さの麺で、ポニョっとした意外にも瑞々しい口当たり。コーンの甘味やもやしのシャキシャキとした食感、そしてちょっとだけ入るワカメも合っていて、お店の雰囲気同様イマドキ感はないものの、これはこれで完成された味なんじゃないでしょうか。

塩バターコーンラーメン 750円
塩バターコーンラーメン 750円
 こちらは、同行者がいただいたもの。私のいただいたみそバターコーンとはスープの味付けだけ違うと思うのですが、このスープ。塩味でもいけますね。同行者も「美味しい」と気に入ったようでした。

 というわけで、なんとなくお伺いしたお店だったのですが、味が個人的好みの方向性だったこともあり、失礼ながら予想以上に美味しくいただくことができ、満足いたしました。旅先でこういった望外の美味に出会えるって、幸せですね。ごちそうさまでした。

平成28年7月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 18 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ