たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

北海道札幌市 すみれ 札幌本店

 今回の、団体旅行ついでの札幌の味噌ラーメン食べ歩きのトリで、本日の二杯目をいただくのは、『純連』をいただいたのならこちらもいただかないと方手落ちということで、『すみれ』をば。実は、以前、新横浜ラーメン博物館に出店されていた頃、いただこうかとお店の前まで行ったのですが、あまりの行列の凄さに断念した覚えがあったりして。

 それで純連でいただいた後、徒歩で地下鉄南北線の澄川駅まで戻り、そこで麻生(あさぶ)行きの電車に乗って2駅の平岸駅で下車。そこから地図を頼り15分くらい歩ったところに『すみれ』の本店はありました。(ちなみに私は地図で見て近そうだった平岸駅から歩いてしまいましたが、実際にはお隣の中の島駅の方が近くて判りやすかったようです。)

 お店には午前11時50分くらいに着いたのですが、休日はかなりの行列(昨日の日曜日の午後2時前に行った人の話だと、その時間帯でも少し並んだとのこと。)ができるところ、さすがに月曜日のこの時間だと、並ばずにあっさりと入店することが。早速店員さんに窓際のカウンター席に案内され、味噌ラーメンを注文。ところで、今回は味噌ラーメンの食べ歩きということで触れていませんが、昨日お伺いした味の三平や先程のさっぽろ純連、そしてこちらのすみれといい、こちらのほうのラーメン店は、味噌、塩、醤油と、ラーメンで基本的な三つの味を提供するお店が多いようで。(昨日お伺いしたにとりのけやきは、例外的に元から味噌ラーメン専門でオープンしたお店だったかと。)それにしても、綺麗で広い店内ですね。

味噌ラーメン 850円
味噌ラーメン 850円
 で、それほど待たずに味噌ラーメンが登場しましたが、まず気が付いたのは、丼から湯気が全く立っていません!よくよく見てみると、スープの表面には、厚さ5mmはあろうかという脂の層。昨日、すすきのにあるこちらの支店に行った人が、「表面の脂の層が、山岡家より凄かったよ!」と言っていたのを思い出しました。そして、その脂をかき分けスープをいただけば、まろやかですがスパイシーな味と香りが結構個性的。また麺は、さっぽろ純連より若干太めでウェーブはゆるめ。それほど特徴的なものは感じませんでしたが、強いスープに負けないくらいの食味は持っていると思います。そして具の炒め野菜はそれほど多くなく、スープや麺と一体化している印象。また、チャーシューはさっぽろ純連同様小間切れにされ、こちらも同様に一体化している気が。 じつはこちらの味噌ラーメンについて事前にネットで調べた時、「さっぽろ純連と味は似ている」などという記述もあったのですが、個人的には結構違うというか、『濃さ』以外は割とオーソドックス(でも、その『濃さ』ばハンパないですが。)に感じたさっぽろ純連に対し、こちらは『濃さ』に加え、スパイスと脂でアレンジを効かせたような印象。とにかく、分厚いラードの層を含めたスープのインパクトが強い一杯といった感じです。

 というわけで、今回最後の味噌ラーメン、堪能させていただきました。ごちそうさまです。

平成21年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ