たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

山形県新庄市 一茶庵 支店

 旅の最終日。この日は岩手からほんの少しだけ秋田をかすめた後、JRの奥羽本線で南下しつつ、山形県内のラーメンを可能な限り食べ歩こうと計画しておりました。それで、奥羽本線の最初に乗る予定だった列車がいきなり遅れたりもしたのですが、とりあえず最初の目的地である新庄に到着しました。

 実はこの新庄に来た目的というのが、当地のごく一部のお店で何十年も前から食されてきたという、鶏モツラーメン。煮て味付けした鶏モツをラーメンに載せていただくというスタイルで、最近は街おこしのために利用され、色々なお店でいただけるようになっているのですが、今回は折角なので、その元祖を謳う一こちらの茶庵支店にお伺いしてみることに。ちなみに、新庄市内には一茶庵支店の他に、一茶庵本店と一茶庵分店もあるのですが、鶏モツ入りのラーメンで有名なのは支店のほうで、本店はモツは載らずとも(っていうか、鶏モツの載ったラーメンは無いそうで)昔ながらの中華そばが有名だそうです。

 それで雪の中、新庄駅から10分少々歩いて午前11時40分過ぎ、お店に到着。その時、店外待ちこそないものの、店内はほぼ満席で、相席でなんとか座れました。(その後もひっきりなしにお客さんが訪れ、程なくしてお店の内外で待っている状態に。)で、早速注文しようと、頼む品は決まっていたのですが壁に貼られたお品書きを一応見たところ、ラーメンと蕎麦が二本柱といったメニュー構成ながら、ラーメンの部ではカレー中華やぬるまラーメン、更にはぬるまもつラーメンや、中華ざるチャーシュー。そばの部でも、ザルチャーシューに親子そば、もつそば等など、興味を引かれる品が多数有ります。そんな中、こちらのお店の流儀に従い、(初志貫徹で)もつラーメンという品名と共に、当方の名字も告げ、待つこと暫し。10分少々のところで私の名字が呼ばれ、ラーメンが到着しました。

もつラーメン 600円
もつラーメン 600円
 そのもつラーメン。見た目は、ラーメンの上に鶏モツと細いメンマ、そして白ネギという、シンプルな構成ですね。で、まずはスープからいってみたところ、表面に油はそれなりに浮いているので、それなりのコッテリ感はあるのですが、ベースのダシはガラ系メインでしょうか?他にも何か風味というか旨味的なものも感じるのですが、特定まではいかず。でも、アッサリとした中に滋味深さもある、美味しいスープだと思いました。また麺は、平打ちでかなり細めのストレートタイプなのですが、柳腰というか、しなやかだけどコシもある、なんとも色っぽい食感。これはとても好みですね。そして具のモツは、レバー、ハツ、砂肝、キンカン、それに皮といったところでしょうか?味付けはあっさりしっかりという感じで、スープや麺とのマッチングも良かったです。

 というわけで、たいへん美味しくいただいたのですが、前述のとおり、他にも気になる品が沢山あるので、またいつか当地を訪れ、いろいろといただいてみたいですね。ごちそうさまでした。

平成28年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ