たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

岩手県奥州市 銀蝶

 前の記事のとおり、水沢競馬場で一日勝負に明け暮れ、無料送迎バスにて水沢駅の東口に戻って参りました。で、この日の宿は水沢駅西口に取ってあったのですが、そちらへ向かう駅の地下道を渡る前に、ちょいとばかり戻ってこちらのお店へ。実は今回の水沢行きが決まった時に当地のラーメンを調べた時、これはお伺いしなくては!と思っていた老舗だったんです。

 それでお店の前で既に、出汁と醤油の良い匂いが漂っていたのですが、かなりシブめの雰囲気な店内に入るとそれがより一層。ただ、午後5時前という中途半端な時間帯のせいか、先客は数えるほどでした。

中華そば 500円
中華そば 500円
 そんな中いただいたのが、こちらのお店の一番ベーシックな品と思われる中華そば。まずはスープからいってみると、最初に昆布のような香りがして、見た目どおり醤油は濃いめにビシっと。ついでに塩気も強めにビシっと。でもそのバックには、動物系に加えて魚介系も入っているのでしょうか(でも自信なし)?複数の素材からと思われる旨味が、きちんと感じられますね。表面に浮く油は少なめなので当然コッテリ感はほとんどないのですが、だからといってアッサリとは言い切れないというか、色は澄んでいるけど旨味は濃いめなしっかりとした味だと思いました。また麺は、太めの縮れ麺で、ワシワシ噛んでいただきたくなるホギホギとした固めの食感が印象的。っていうか、しっかりとしたスープに合わせるには、これぐらいハードじゃないと負けてしまうかもしれませんね。そして具のチャーシューは、面積的にはさほど大きくないものの、結構分厚いです。ですが食感は若干柔らか目で、クセもなく味付けも良い塩梅でした。(これなら、330円増しでもチャーシューメンにすれば良かったですね。)それと輪切りの白ネギのピリっと感か全体を引き締め、あと細めのメンマが、この中ではやさしめの味付けで、息抜き的に丁度良かったです。

 というわけで、味的に大変美味しくいただいたのももちろんなのですが、昔から水沢の地で食べられてきたと思われる中華そばをいただけたことにも、大変満足いたしました。ごちそうさまです。

平成28年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ