たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

秋田県由利本荘市 清吉そばや 御門店

 今回、所用で秋田までクルマで行ってきたのですが、その時、用足しがてらに秋田のラーメンを食べ歩いてきました。

 で、その1軒目は、地元は有名というこちらのお店。タイミングよく朝の営業時間(午前5時~午前9時)内にお邪魔することができましたが、駐車場は日曜日の朝の8時過ぎにも関わらず沢山のクルマが停まっており、そのほとんどが地元のナンバーでした。ちなみに店内もほぼ満席。入れ替わり立ち替わりお客さんが現れます。そして、そのほとんどが中華そば(のこれまたほとんどが大盛)を、肉多めやコロモ(天カス)入り、麺固めなど、自分の好みに合わせて注文してました。そんな中、私も中華そばのコロモ入りというのを注文。(ちなみに同行者は塩中華を注文。)店員の皆さんはテキパキとした動きで、混んでる割には早く完成しました。

中華そば(コロモ入り) 420円
中華そば(コロモ入り) 420円
 小さめの丼で出された中華そばは、濃いめの醤油色のつゆ(この店は、「スープ」というより「つゆ」といった方が合ってる気がします)に若干の油が浮いてます。そして早速一口。鶏ダシ(と思います)に見た目のとおり醤油が結構効いていますが、後味に甘さ(みりんでしょうか?それとも、正油の甘さでしょうか?)が残ります。この味なら、載せられたコロモともよく合いますね。麺(中細ストレートで若干柔らかめ)は自己主張してきませんが、こちらもつゆとよく合ってます。そして、具の「しんねぇ(しんね?しねぇ?~"噛み切れない"の意らしい)鶏にぐ」がまた!調理ばさみで切りながら煮込んでるのがカウンター越しに見えたのですが、これが、また、噛み締めるほどに味が出てきます。更には、途中から卓上の一味唐辛子をかけてみましたが、これまたバッチリと合ってますね。

塩中華 490円
塩中華 490円
 それから、同行者が注文した塩中華も味見させてもらいましたが、こちらはとってもやさしい味。優しい塩味に、ごくごく微妙な酸味(具のモヤシと玉葱を炒める時に、レモン汁入れてました?)が、全体を一層マイルドにしているような。上に載せられたトロロ昆布も、いいアクセントになってますね。

 というわけで、非常に美味しい一杯だったのですが、こんなに素晴らしいラーメンが朝から食べられる、このあたりの人達がとてもうらやましいです。ごちそうさまでした。

平成19年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ