たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県日光市 ユタの店

 日光市の今市地区って、評判のお店が多く何気にラーメンの激戦区だと思うのですが、その今市にあって、昨年出た某ラーメン本に載ったり、某有名店店主がお店のウェブサイトで紹介していたりして気になっていたお店がこちら。JRの今市駅からわりと近い住宅街の一角にあって、土曜日のお昼ちょっと前にお伺いしたところ店内は丁度満席。さすがに評判のお店ですねぇ。それからさほど待たずに空席が出来ましたが、その間にも、数組のお客さんが私たちの後ろに新しく並んでました。

特製ラーメン 580円 + 角煮のせ 210円
特製ラーメン 580円 + 角煮のせ 210円
ランチタイムの麺類に付く半ライスと杏仁豆腐
ランチタイムの麺類に付く半ライスランチタイムの麺類に付く杏仁豆腐
 いただいたのは、某ラーメン本にも載っていた特製ラーメン。 図らずも某ラーメン本や某有名店主さんと同じく角煮のせにしたおかげで表面は結構賑やか。それでまず初めにレンゲでスープを一口いただこうとしたところ、口に入れる前からふわっと香るのはエビ油でしょうか?で、これが結構個性的というか、キャラクター強いですね。そして口に入れると旨味はナチュラルに濃く、そこに角の丸い醤油ダレも結構効いていて、全体的に、コッテリしているのとは違う『濃さ』のようなものを感じました。また麺は、中くらいの太さのやや平打麺。加水率は高めらしいポニョっとした舌触りとソフトな食感かと。そして具は、追加の角煮がトロトロで味加減も丁度良く美味。そのままはもちろん、麺と一緒にいただいても合うし、ランチタイムサービスの半ライスのおかずにもいいですね。また、ワンタンは大振りで食べ応えがあり、中の餡もしっかりとしたもの。それと、チャーシューも肉の食感が良く、青菜はシャキっとしていました。それと、途中から卓上の山椒油を追加したところ、華やかな香りと軽い刺激によって、これまで濃い感じのしていたラーメンが、今度は軽く感じられるように。これは面白いというか、最後まで飽きずにいただけていいですね。あと、ランチタイムは半ライスの他に杏仁豆腐がサービスで付くのですが、この杏仁豆腐がまた美味しかったというか、別にお金を払って注文してもいいと思える品でした。

特製担々麺(ちょい辛) 730円
特製担々麺(ちょい辛) 730円
 次に特製担々麺。元々同行者が注文したもので、注文時に選べる辛さは、標準より一段階辛い「ちょい辛」で。それで味見(といっても結構な量をいただいてしまいましたが。)させてもらったところ、とってもクリーミーでまろやかなゴマのコクのある味が口の中に。スープ自体の塩気は控えめに感じられ、なんていうか、このゴマの味で食べさせる感じでしょうか。ただ、そのバックには、ゴマだけではなく、出汁の旨味やエビの風味、そして、自家製ラー油の豊かな香りと辛みもあって、とってもリッチな一杯という印象です。また、こちらの品は、卓上の山椒油がベストマッチ。投入すると、その風味によってより一層奥深い味になるというか。

しそ餃子 350円
しそ餃子 350円
サクサク海老春巻(2本) 380円
サクサク海老春巻(2本) 380円
 それから、こちらは一緒にいただいたもの。しそ餃子は、結構大きなサイズで食べ応えあり。噛むと中はジューシーで、しその風味がとってもいいですね。あと、サクサク海老春巻は、名前どおり皮がサクサクとクリスピーで、中はエビのすり身を使った餡がプリっプリで美味。また、何気に添えられた辛子にはちゃんと味が付いていました。

 そんなわけで、今回は都合4品もいただいてしまったのですが、どれも美味しいのは勿論、(偉そうな物言いになってしまいで申し訳ないですけど)細部まで精緻に作り込まれている味といった印象を受けました。店員さんもとても感じが良く、これなら、評判のお店になるのも納得でございます。ごちそうさまでした。

平成21年9月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ