たひお備忘録

とりとめのない趣味の、とりとめのない活動記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

愛知県名古屋市 総本家 えびすや 本店

 この日、前の記事の台湾ラーメンをいただいた後、宿にチェックインすると連日の寝不足が祟って早々に寝落ちしてしまったのですが、数時間で目が覚めてしまい、更には、困ったことに小腹が空いているという。時計は午後11時をだいぶ回っていたのですが、宿は名古屋イチの繁華街、栄の近くだったので、いただくお店は豊富にあるかなとネットで調べたところ、こんな時間なのにきしめんをいただける老舗っぽいお店がまだ営業しているのを知り、さっと服を着て外へ。

 寒さも厳しくないなか歩くこと10分少々で、繁華街の一角にあるお店に到着。この時点で日付が変わろうとしていたのですが、なんと店内は満席。皆さん飲みの〆でしょうか?で、店内の長椅子で待っていると、夜中は締切になっていた座敷席にご案内。早速卓上のお品書きを広げると、一番上に「きしめん」の文字があったので、ついすぐに頼んでしまったのですが、よく見るとにしん棒煮(400円)や花わさびおひたし(450円)など、魅力的なつまみ類があるのに気が付き、「しまった。ちょっと一杯飲めば良かったかなぁ。」と思っているうちに、注文したきしめんが登場しました。

【きしめん 800円】
きしめん 800円

 それでまずは、ツユからいってみたところ、黒っぽい色のとおり、濃口の醤油感強め。味醂の甘さは控え目で、濃いめに決まった味付けと相まって、キリっとした印象ですね。また出汁感はビンビンというほどは感じませんが、きしめんにお約束の花がつおが風味のブーストを。そして主役とも言えるきしめんは、手打ちだそう。見事な薄さというか、そのお陰でピロっツルっとした口当たりがとても良く、口の中に入るとフワっとしつつも適度なコシを感じます。それと具は、厚みのある立派な油揚げは、しっかり甘辛い味付けになっていました。

 というわけで、美味しくいただきました。ごちそうさまです。

令和2年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、PC自作など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
30
31

アーカイブ

忍者ツールズアクセス解析