たひお備忘録

とりとめのない趣味の、とりとめのない活動記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

岐阜県羽島郡笠松町 笠松競馬場 特別観覧席内食堂

 岐阜羽島駅というか名鉄の新羽島駅から向かったのが、今回の旅の目的の一つである『名馬、名手の里 ドリームスタジアム』こと笠松競馬場。それについて詳しくは次の記事で書くとして、とりあえずは、そこでいただいた食べ物の話を。

 競馬場内には(かつてよりは件数がだいぶ減ったとはいえ)いくつかのお店があるのですが、そんな中から今回いただいたのが、有料(といっても600円ですが。)となる特別観覧席内にある食堂。メニューはカツ丼やオムライス、各種定食類などの他、おでんなど酒のつまみも充実という感じ。そんないかにもちょっと懐かしい競馬場の食堂然としたラインナップに何をいただこうか迷ったのですが、腹具合も勘案して結局、こちらの品の食券を入り口で購入しました。

【天ぷらそば 550円】
天ぷらそば 550円

 席に着いて程なくして登場した天ぷらそば。まず、色が薄いツユに目がいきます。時折、そばやうどんのツユが、どこから関東風でどこからからが関西風などという企画をやっていますが、こちらのお店は見た目からすると関西風になるんですかね。(もっとも以前、笠松競馬場内の別のお店でいただいた時は、色が黒い見た目関東風のツユだった記憶があるのですが。)

 それでそのツユからいってこみたところ、これが熱々。雨が降り肌寒かったこの日はそれだけでありがかったのですが、上に載ったカツオ節の香りが更に良いですね。そのカツオ節のおかげで出汁感もプラスされているように感じるのですが、何より元のツユ自体の旨味がとても強いです。また味付けは、甘辛さ、味の濃さ共に個人的にはちょうど良く感じました。そして色が黒めのソバはツユ同様熱々で、フワっフワの口当たりに柔らかめの食感。個人的に、柔らかい麺も嫌いじゃないので全く問題ないです。それとメインの具の海老天は、衣がツユと馴染みづらいタイプ。他に青菜や、2枚載るナルトが、「食堂」でいただくそば感を盛り上げていました。

 というわけで、美味しくいただきました。ごちそうさまです。

令和2年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、PC自作など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 3
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者ツールズアクセス解析