たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 ラーメン 山岡家 宇都宮鶴田店

 ここ暫くの間、期間限定メニューをあまりいただいていないというか、レギュラーメニューの辛味噌ネギと特味噌ネギが好きなため、たまに来るとついそのどちらかをいただいてしまう山岡家さんですが、ちょっと前から気になる期間限定メニューが登場。

 それがこの、名前からして凄い『地獄の激辛ラーメン』。ウェブサイトには「山岡家オリジナルの味噌スープとハバネロエキス、赤唐辛子を加えた特製激辛スパイスで規格外の刺激と辛さと旨さが誕生しました! 今まで体感したことのない、地獄の辛さをお楽しみください。」などという紹介文があるのですが、個人的にも辛いものはわりと好きだし、あと大好きな特撮ドラマというか映画のセリフに「地獄を楽しみな!」というのもあるので、ここはひとついっかないとと。

地獄の激辛ラーメン 870円 + 味付玉子 110円
地獄の激辛ラーメン 870円 + 味付玉子 110円
半ライス 120円
半ライス 120円

 それで登場して早速、その真っ赤に染まったスープからいってみたところ、確かに辛いっ!!個人的に、山岡家の辛味噌ネギは(よっぽど体調が悪い時を除いて)辛さ激辛でいただいているので、それと同じくらいだろうと高をくくっていたところ、それよりも明らかに辛く感じるというか、ハバネロエキス由来と思われる純粋な辛さが直接ザクっと切り込んでくる感じ。ちなみに、ハバネロ独特の香り(個人的にはちょっと苦手)は、ほぼ感じられませんでした。さらに、いただいている間は、赤唐辛子の辛味が口の中に蓄積。ベースの味噌スープが旨味たっぷり過ぎな分、それでも個人的にはギリギリ味わえるレベルというか、よく味わうと結構好きな味かもしれません。それから、密度感のあるストレート麺や、甘めで食感ちょいパカ系なチャーシューは一般的な山岡家のラーメンと同様で、メンマや青ネギもトッピングや他メニューで使用されていますが、笹切りの白ネギはこのラーメンのオリジナルですね。で、普段というか辛味噌ネギなら、半ライスにはラーメンのスープをかけて楽しむところ、今回は辛くてその余裕がなかったというか、純粋に辛さの緩和剤としていただきました。

 というわけで、十二分に地獄を楽しみつつ完食・完飲して缶バッジを貰ったのですが、これより3倍辛いという地獄のウルトラ激辛ラーメンは、間違いなく完食・完飲が不可能という結論に。さらに、この後丸一日、お腹の不調と戦うことになったので、この品も味的には気に入ったもののリピートすることも残念ながら不可能という結論に。それにしても、ほんと、自身の辛さ+脂耐性が歳とともに低下しているのを実感してしまいました。ごちそうさまです。

令和元年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
3 5 7
9 11 13
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

忍者アナライズ