たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 村岡屋 本店

 この日は宇都宮市内で所用を済ませた後、昼食にこちらのお店まで。ここ暫く前から、二代目にはたまにお伺いしていたのですが、本店には約5年ぶりですね。

 お店には、お昼過ぎに到着したのですが、丁度お客さんが出るタイミングだったのか、お店の前の駐車場に車を止めることができ、店外にも行列はありません。お店に入ると、食券の販売機があり、そこで食券を購入してから待つこと少々で、相席への案内となりました。

特製つけ麺(並) 1000円
特製つけ麺(並) 1000円

 それで今回いただいたのが、特製つけ麺。麺量は250gとなる並サイズにしました。で、早速、見るからに手強そうな麺を、こちらも見るからに手強そうな付け汁に浸けようとするのですが、麺はゴっとした掴み心地で、それを浸そうとしたつけ汁に至っては、もったりとした抵抗を感じます。そして、それを口に入れると、これが凄いというか、まず麺は高密度で噛み応えがハンパなく、更につけ汁が暴力的というか、濃厚!濃厚!!濃厚!!!という感じで、動物系と魚系の旨味が口の中にズズンっと重く入ってきます。これは、5年前にいただいた時よりも確実に濃さが増している気がしますが、ただ濃いだけではなく、上質なものを詰められるだけ詰め込んだら暴力的になったといったところでしょうか。また味付けは、かなり濃いめだとは思うのですが、つけ汁の旨味と溶け込んだ脂が濃いため、ストレートに濃く感じないところが恐ろしいところ。故に、麺を食べ終わった後でスープ割りをすればそれが良く判るというか、一度割っただけでは個人的には濃く感じ、一口飲んだ後、もう一度割ってくださいとお願いした程でした。それと今回は「特製」なので、チャーシューと味玉が入っているのですが、どちらもハイレベルというか、チャーシューは柔らかいけれどもちゃんと肉の味や食感が残り、味玉も火の通り加減とハッキリした味付け共に良かったです。

小豚めし 300円
小豚めし 300円

 こちらは、一緒にいただいた品。この日、かなり空腹だったので、つい食券を買ってしまったものの、つけ麺だけでほぼほぼ満腹状態になってしまったという。それでも箸が進む旨さだったというか、ゴロゴロっとしたチャーシューはつけ汁に入っているものよりも肉感が増し、甘じょっばい味付けもご飯にバッチリ。ネギとショウガの薬味がちょっとした刺激と清涼感をプラスしており、更に海苔は、あと何枚か欲しい程というか、ご飯とチャーシューを包んでいただいても良かったです。

 というわけで、美味しくいただいたのですが、個人的には、あと10年若い胃腸と味覚が欲しくなりました。ごちそうさまです。

平成31年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
3 5
8 10 12
15 17 19
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ