たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 阿Q 大田原店

 この日のお昼時は、野崎街道沿いのお店ということになったのですが、そんな時ふと、「あのお店の冷やし中華って、一体どうなっているんだろう?」と頭に浮かんでしまったものだから、その「あのお店(って、記事のタイトルでお察しでしょうが。)」まで。「万が一、提供されていなかったらどうしよう。」とも思っていたのですが、お店の入口に「冷し中華(ピリ辛ゴマ風味)850円」との貼り紙がしてあったので一安心。入店後、それと同行の家人の別の品も頼んで暫し待ちます。

冷し中華 850円
冷し中華 850円

 それで後述する家人の品よりも若干遅れて登場したのですが、その見た目は、思ったほど凶暴ではなかったというか、確かに、こんもりと盛り上がった麺量はかなりのものだとは思うのですが。それで早速、全体を軽く混ぜてからいただいてみると、タレは胡麻ダレで、量的にはギリギリ全体に回るくらい。あと辛さはほとんど感じられないというか、これなら、(量的なものは別として)どなたでもいけるんじゃないでしょうか?(ちなみに辛さについては、途中から卓上のラー油を追加すると良い感じでした。)また麺は、阿Qさんの代名詞ともなっている自家製の細麺。しっかりと締められているので、麺の持つコシ(弾力)とアシ(延び)、そしてツルツル感が増して良いですね。そして具は、天辺に載る自家製のチャーシューの他、キュウリとトマト、レタスあたりは一般的なのですが、三つ葉とパプリカが珍しく感じました。で、中でも三つ葉は、その香りがいただいている途中に時々アクセントとなって、食べ飽きるのを防いでいるような気がしました。

肉丼 850円
肉丼 850円

 こちらは、阿Qさんの代表的メニューの一つと言っていいと思うくらいの品なのですが、家人も私もこれまで未食でした。で、写真のとおりボリューミーなので、1/3以上私がいただくことになったのですが、醤油ベース?の甘塩っぱい特製のタレで炒められた豚肉と、シイタケ、白菜、ニンジン、タマネギ、白ネギ、そしてタケノコなどの野菜類は、ご飯とものすごく合うというか、ワシワシとガっつくと最高ですね。あと付属の味噌汁は、具が絹ごし豆腐と白ネギでした。

 というわけで、どちらも美味しくいただいたのですが、加えて今回は偶然2品とも、阿Qさんにしては難易度の低いメニューだったので、比較的楽に完食することが出来ました。(もっとも、その後お腹はなかなか減らず、この日の夕食は結局食べていないんですがね。)ごちそうさまでした。

平成30年7月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3
6 8 10
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ