たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 中華園

 このところ続いている宇都宮市内での用足しですが、ついでのランチは同行者に一任したところ、先日も宇都宮の昔からの飲み屋街である泉町のそば屋さんに連れて行ってくれた同行者は、今回も泉町にあるこちらのお店へとご案内。

 店内は、奥に細長い感じでカウンター席とテーブル席があり、どちらにも先客が何組かいたのですが、今回はテーブル席へと座ることが。早速お品書きを見たところ、品数がとても多かったのですが、件の同行者にお勧めを聞いたところ、お品書の品名を唯一黒枠で囲まれた家常麺(手打煮込みそば)800円、とのこと。また餃子も有名らしいですね。ちなみに先客、そして後から入ってきた常連っぽいお客さんは、ランチメニューのチャーハンを頼む人が多いように感じました。

突き出しのキュウリとモヤシ(サービス)
突き出しのキュウリとモヤシ(サービス)

 それで後述の品を注文後、まずはサービスのキュウリとモヤシが登場。これは嬉しいサプライズでした。

五目冷麺(冷中華) 850円
五目冷麺(冷中華) 850円

 そして今回いただくは、このところマイブームになっている冷やし中華を。お品書きには、もやし冷麺(もやし冷中華ピリ辛)(650円)と五目冷麺(冷中華)と2品が書かれていたのですが、よりベーシックであろうこちらの品をチョイス。実は家常麺にも相当惹かれたのですが、この日はたいそう暑かったというのもありまして。それで同行者の注文した家常麺よりも遅れて登場したのですが、まず、丼で出てきた事に少々驚き、更に目の前に置かれた時、キュウリと紅ショウガ以外の具が千切りじゃない事や、具材のチョイスにも少々驚きました。(てっきり、見た目からしてベタな冷やし中華が出てくると思い込んでいたもので。)それで早速、麺とタレを軽く混ぜでいただいてみたところ、細めの麺はキンっと冷たく締められ、ツルシコ感がとても良いですね。またタレは、甘酸っぱい醤油味。油感もあって甘味と酸味のバランスが良く、何ていうかそれなりに酸味はあるものの全体的には尖ったところのないトラディショナルな味わいというか。そして具材は、ザーサイとメンマが珍しく感じますが、どちらもしっかりとした味付け。あと2枚載るチャーシューは、焼き豚ではなく煮豚だと思うのですが、それでも中華料理屋さんっぽい味わいと脂感でした。

 というわけで美味しくいただいたのですが、今度は、涼しくなった頃お伺いして、家常麺(同行者が実に旨そうに食べていました。)と、餃子も是非いってみたいですね。ごちそうさまでした。

平成30年7月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 5
7 9 11
16 20
23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ