たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

高知県高知市 製麺処 蔵木

 高知競馬場での勝負を終えた後、前の記事であげた居酒屋さんで飲んだ後、この日の〆としてお伺いしたのが、ホテルやその居酒屋さんからも近いこちらのお店。ちなみにこちら、高知に来る前にチェックしていたお店だったりするのですが、つけ麺がメインのお店で、ラーメンも評判が良いようで。それにしても、今回たまたま取ったホテルは、さすがに繁華街に立地しているだけあって、近くに美味しそうな飲食店が多数あって助かったというか。

 お店に着いたのは午後11時近くだったのですが、私たち同様、飲みの〆に立ち寄ったとおぼしきお客さんなどで、空席はあるものの結構な賑わい。もっともこちらのお店、昼間は常に満席のようですね。で、席に着き早速注文なのですが、メニューの先頭にあって「まずはこれから」と書かれたつけ麺と、その次にあって「人気No.1」と書かれた牛モツつけ麺で悩んだ末、つけ麺を選択。そこに、つけ麺用生卵というのを追加してみました。また同行の家人は、お店の名前を冠した中華そばをいただくことに。

つけ麺 750円 + つけ麺用生卵 60円
つけ麺 750円 + つけ麺用生卵 60円

 そんなわけでまずは私のつけ麺。ツヤツヤした見るからにそそる麺なのですが、まずはそれを1本、そのまま口に入れたところ、シコっとした歯応えの後、しっかりとした小麦の味と香りが口の中に広がります。そして次に、つけ汁に浸けていってみたところ、そのつけ汁、事前にネットで調べた時には濃厚魚介豚骨とのことでしたが、決して強すぎないというか、麺とのバランスが良いというか。特に魚風味は、卓上の魚粉でコントロールできるのも良いですね。またその中に入る具では、キャベツが珍しく感じたのですが、これが悪くない組み合わせ。それと面白かったのは生卵で、つけ汁に浸した麺をさっとくぐらせていただくと、スープのとは違う生卵のコクが加わってこれがまた。いただく前は、正直なところ味、薄まっちゃうんじゃ?と思いきや、つけ汁の粘度が適度なのと麺自体に味わいがあるので大丈夫でした。あと途中から、味変用のレモンを麺に絞りかければ、酸味と香りが加わってこれもまた。標準で220gという麺(ちなみに、ハーフ100円引き、大盛り(110g増)100円増し、得盛り(220g増)200円増しとなっています。)はあっという間に完食してしまいました。そして最後はスープ割をお願いすると、和風の出し汁に加えて海苔が足されるのも良かったのですが、腹具合さえ許せば、100円で頼めるごはん割りも試してみたかったです。

蔵木の中華そば 670円
蔵木の中華そば 670円

 こちらは、前述のとおり家人が注文した品。例によって少々味見させて貰ったのですが、鶏スープがまず旨く、更に細めの麺が良いバランス。低温調理のチャーシューも凝っていますね。

 というわけで、美味しくいただいたのですが、加えて今回の高知(市内)での、最後の食事がこちらで良かったです。ごちそうさまでした。

平成30年3月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
5
8 10 12
15 17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 31

アーカイブ

忍者アナライズ