たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

中山競馬場訪問記 【平成30年3月3日】

オーシャンステークスのゴール

 これまでの記事で書いたとおり、今回、東武鉄道を乗り鉄していたのですが、その合間に、GⅢオーシャンステークスが行われる中山競馬場に立ち寄りました。

※ 他の競馬場や、過去に中山競馬場を訪れた時の記録については、こちらの記事(というかカテゴリ)に一覧がございますので、よろしければ。


 今回の乗り鉄については、その目的の一つに東武野田線があったのですが、その終点は千葉県船橋市にある船橋駅。それで船橋市と言えば、地方競馬では船橋競馬場、JRAでは中山競馬場と、市内に競馬場が2つもあるグレイトな所なので、乗り鉄のついでにちょこっとだけでも寄れないかななどと思いつつ計画を立てていたところ、午後遅い時間になら寄れることが判明。で、その後に色々あって、実施が3月3日の土曜日となったため、だとしたら丁度この日は、GⅠ高松宮記念のトライアル競走となっているGⅢオーシャンステークスが行われるということで、中山競馬場行きが決定しました。

中山競馬場まで

【西船橋駅でJR武蔵野線に乗り換え】
西船橋駅でJR武蔵野線に乗り換え

 東武野田線の船橋駅までは、前前々前々から前の記事にかけて書いたとおりで、到着したのは13時43分。そこからJR総武線、武蔵野線と乗り継いで、船橋法典駅に到着したのは13時59分。元々の予定ではこれより30分程遅く到着することになっていたのですが、途中の乗り継ぎなどが順調にいったお陰で早く着くことが出来たという。これなら、元々の予定よりも勝負するレース数がちょっとだけ増やせますね。

【船橋法典駅臨時口】
船橋法典駅臨時口
【ナッキーモール入口】
ナッキーモール入口
【中山競馬場法典門】
中山競馬場法典門

 船橋法典駅からは、中山競馬場専用の臨時口~ナッキーモールを通って競馬場へ。その途中、第8レースのファンファーレが聞こえてきたのですが、その時、高揚感と共に、大袈裟に言うと自分が居て良い場所へ戻ってきた安心感みたいなものを感じました。もっとも、ギャンブル依存的には、そう感じるのってあまり良い事ではないのかもしれませんが。

中山競馬場にて

【動く歩道】
動く歩道

 法典門から入場後、動く歩道などを通ってメインスタンドを目指します。で、結構距離があるっちゃあるのですが、私のようにここに来るのが年に1度あるかどうかくらいの人からすれば、両側に貼られた皐月賞と有馬記念の歴代優勝馬を眺めつつ進めば気分が盛り上がって楽しく移動できますね。

【ターフィーさん】
ターフィーさん

 スタンドに入ったところには、なんとターフィーさんが。といってもどこかへ移動される途中だったようで。

 それでこの日は、元々勝負する予定だった中山メインのGⅢオーシャンステークスと、阪神メインの桜花賞トライアルGⅡチューリップ賞に加え、競馬場に早く着いたので、中山の第10レース、小倉の第11レースも加えた合計4レースで勝負することに。で、元々やる予定だった中山と阪神のメインは昨日のうちに予想を済ませておいたものの、追加でやることにした2レースはこれから持参のPC開いて予想するためにちょっと落ち着ける場所が欲しかったのですが、さすがにこの時間だと屋外のスタンドでも場所取りしていない席が見つからず少々さまよう羽目に。それでも何とか空席を見つけ、追加の2レース分の予想を済ませると、4レース分の馬券をまとめて購入してから、写真を撮りたかったメインレースのパドックまで場内をウロウロと。と言っても時間も限られているため、後述する煮込みをいただいたくらいで終わってしまいましたが。

第13回オーシャンステークス(GⅢ)

 最初に書いたとおり、この日のメインレースは、芝1200mのスプリント戦、夕刊フジ賞第13回オーシャンステークス(GⅢ)。1着馬には3月25日に行われるGⅠ高松宮記念への優先出走権が与えられます。


【1番人気の(10)ダイメイフジ号とミルコ・デムーロ騎手】
1番人気の(10)ダイメイフジ号とミルコ・デムーロ騎手
【2番人気の(13)ナックビーナス号と横山典弘騎手】
2番人気の(13)ナックビーナス号と横山典弘騎手
【3番人気の(15)レーヌミノル号と和田竜二騎手】
3番人気の(15)レーヌミノル号と和田竜二騎手
【6番人気の(9)ネロ号とフィリップ・ミナリク騎手】
6番人気の(9)ネロ号とフィリップ・ミナリク騎手
【8番人気の(11)スノードラゴン号と大野拓弥騎手】
8番人気の(11)スノードラゴン号と大野拓弥騎手
【10番人気の(7)キングハート号と北村宏司騎手】
10番人気の(7)キングハート号と北村宏司騎手

 で、このレース。1番人気の単勝オッズが5.0倍で、6番人気までが10倍を切る混戦模様。個人的には前日に予想したとおり、2番人気の(13)ナックビーナス(横山典弘騎手)に本命を打ち、そこから1番人気の(10)ダイメイフジ(ミルコ・デムーロ騎手)、4番人気のビップライブラリー(戸崎圭太騎手)、8番人気のスノードラゴン(大野拓弥騎手)をフォーメーションの2番目に、3番目には2番目の3頭に加え6番人気の(9)ネロ(フィリップ・ミナリク騎手)など合計7頭という3連複フォーメーション15点で勝負しました。

【最終コーナー】
最終コーナー
【ゴール!!】
ゴール!!

 レースの方は、スタート直後から押していった(9)ネロが先頭に立ち、直後に好発を決めた(15)レーヌミノル、スタート直後に気合いをつけて出していった(12)ラインスピリット以下各馬が付けて第3コーナーから第4コーナーへ。そのあたりから(7)キングハートがそれら先行馬の直後外側につけ最後の直線へ入ると、粘る(9)ネロに(7)キングハート、道中中団につけていた(13)ナックビーナスが迫ります。そしてゴール手前、(7)キングハートが(9)ネロを抜き先頭に立ちそのままゴール。2着にはアタマ差で(13)ナックビーナスが入り、道中後方からゴール直前に末脚を伸ばしてきた(19)ダイメイフジが1/2馬身差の3着に。逃げた(9)ネロは4着でした。

【口取り】
口取り
【表彰式後の記念撮影】
表彰式後の記念撮影

 と、馬券は本命2着、相手筆頭が3着に入ったものの、勝ち馬を持っていなくて見事にハズレ。4着馬も5着馬も相手には入れていたのですが、ほんと、勝ち馬だけ持って無かったんですよねぇ。勝ったキングハート号に騎乗していた騎乗していた北村宏司騎手はこのコースでわりと穴馬を持ってくるイメージだったので気になっていたし、また昨年4月のオープン特別戦でキングハート号に乗って2着に入っていたので、重い印は打たずともヒモに入れる要素は充分に有ったのですが、ただただ、自分の見る目の無さに反省しきりという感じで。

競馬場グルメ

 今回は時間が無かったこともあって、前述のとおりちょっとだけ。

梅屋 (レストラン棟1階)

 昨年暮れのGⅠホープフルステークスの時にはそばをいただいたこちらのお店ですが、今回はこちらの品々を。

【煮込み 500円】
煮込み 500円

 梅屋さんの煮込みは以前東京競馬場でいただいたことがあったのですが、ボリューミーなところや味の印象はその時いただいたのと変わらず、しゃばしゃばのツユの味噌ベースの味付けがアッサリ上品な感じ。またモツは豚モツで、他に大根とコンニャクというのも以前の東京と一緒だったのですが、こちらのはそこに豆腐が入っていて、個人的には嬉しいポイント。さすが、昨年3月に行われた第5回中山競馬場グルメグランプリで第1位を獲った味ですね。

【生ビール 中 600円】
生ビール 中 600円

 こちらは一緒にいただいたもの。ちなみに銘柄はモルツでした。

戦い済んで

 メインレース終了後、予定どおり中山競馬場を後に。ちなみに本日の戦績ですが、オーシャンステークスが散ったのは前述のとおり。他は中山10レースと阪神メインのチューリップ賞が的中したものの、中山10レースでは期待してた穴馬が4,5着となって馬連3.8倍、三連複6.5倍とトリガミり、チューリップ賞は点数絞って三連単勝負で的中させたものの19.5倍という配当じゃトータルでトントンにすら持って行くことは出来なかったという。(あ、小倉は惜しくも何ともないハズレ方でした。)

【法典門に向かって地下通路を】
法典門に向かって地下通路を
【東松戸駅から北総鉄道で浅草まで】
東松戸駅から北総鉄道で浅草まで

 それで、帰りは乗り鉄活動の一環で一度浅草まで行く必要があったため、船橋法典駅からJR武蔵野線で東松戸駅に向かい、そこから北総鉄道というか成田スカイアクセス線の羽田空港直通列車で浅草へと向かいました。

 というわけで、乗り鉄の合間にわざわざ時間作って競馬場来て、その挙げ句負けて帰るんだから世話ないのですが、今度はじっくりと腰を落ち着けられる時に来て、リベンジに励みたいと思います。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
15 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ