たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

愛媛県松山市 瓢太

 これまでの記事でも書いたとおり、今回、所用で愛媛県松山市にお伺いしたのですが、その際に寄らせていただいたお店。例によって行く前にネットで情報収集したところ、地元ではとても有名なお店だそうで。松山市駅から夜行の高速バスに乗って帰る前、駅というかバス停から約5分ほど歩いてお店にお伺いしました。

 そのお店は、ラーメン屋さんというより、居酒屋という雰囲気。暖簾をくぐり引き戸を開け店内に入ると、店内は奥へと向かう細長いカウンターと、更にその奥には小上がりが。午後6時半すぎという時間帯もあってか、既に何組かのお客さんが一献傾けています。また、カウンターの上にはおでんの四角い鍋があり、私の地元ではあまり馴染みのない具材などがとっても美味しそうに煮えていたり、カウンター奥に掲げられたホワイトボードには本日のおすすめ品らしきものがズラッと書かれていて、大いに食指が動きました。私も、時間があればそれらで一杯やりたかったんですが、バスの時間もあったので、とりあえず中華そばのみ、空腹だったのでつい大盛(同行者は普通盛)でいただくことにしました。

中華そば大盛 800円
中華そば大盛 800円
 その中華そば。見た目は、白濁したスープに醤油っぽい色がついていて、具はチャーシューというか豚の角煮っぽいものと、メンマと青ネギ。それに、最初からコショーが一振りされています。それでまずは、レンゲでスープを一口いただくと、「あ、甘い!」。こちらのラーメンのスープが甘いという事は、事前に調べた時に知識としては知っていたのですが、実際にいただいてみると、予想を超えた甘みにちょっと驚きました。昔、東池袋大勝軒系のあるお店で、甘みの付いたラーメンにビックリした覚えがあったのですが、今回は、それを上回るインパクトというか。ベースはサラッとした豚骨系のスープだと思いましたが、この甘みが全てを持っていっている気がしました。でも、不思議と嫌じゃない、というか、これがイケルんです。細めのでサクっとした食感のストレート麺との相性も良いし、甘く味付けられた具の角煮とも合っています。また、始めから振ってあるコショーが、ピリっとしたアクセントになって、単調になりがちな甘い味に変化を付けているというか。これは、ちょっとクセになる味ですなぁ。

中華そば 600円
中華そば 600円
 こちらは同行者がいただいたもの。量以外は同じでしょうか。

 というわけで、松山のラーメンを堪能させていただいたのですが、こういう、地元にいると味わえない味というか、いただいた事のない味に巡り会えるのも、旅先での楽しみの一つですね。ごちそうさまでした。

平成21年4月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 7 9
12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

忍者アナライズ