たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

中華民國(台湾)台北市 真是牛 牛肉麵

 台湾旅行2日目。この日は、朝の8時半から昼のバスツアーに出発し、そして一度ホテルではなくツアー会社の事務所に戻ってから、今度は夜のバスツアーに出発するという段取りになっていました。で、昼間のツアーが終了して事務所に到着する直前、バスの窓越しに牛のイラストと「牛肉麵」という文字が!牛肉麵(ニュウロウミェン、台湾語だとグーバーミーと言うらしい。)というのは台湾で広く食べられている麺料理で、今回の旅行中、是非ともいただきたいと思っていたところだったのです。それで幸いなことに夜のツアー出発まで多少時間があったので、同行者達に「オレ、ちょっくら牛肉麵食べてくるわ」と言ったところ、何故か全員でお伺いすることに。で、ツアー会社の事務所が面したやたらと大きな十字路を、交差点の対角線上にあるお店までぞろぞろと。

 で、午後4時という中途半端な時間帯だったせいか、お伺いした時、先客は2組ほどでまったりしていたのですが、突如入ってきた日本人の団体に驚いた様子で、急遽といった感じで照明の落としてあった2階席に通されました。

紅燒牛肉麵 180元
紅燒牛肉麵 180元
 そんな中、私が注文したのがこちらの品。牛肉麵はスープによっていくつかの種類に分かれているのですが、この「紅燒」とはもともと醤油で煮込んだ色を指す言葉だそうで、某ウィキペディアによると「醤油をベースに豆板醤などで濃い目に味付けされた牛肉麺」とのこと。それで早速、若干濁りのある黒々としたスープからいただけば、醤油はその塩気を含めて見た目ほど濃くは感じず、あと辛さはほとんど感じられないのですが、それらよりもスパイス系、中でも特に八角がかなり主張するパンチのある味。それにしても、台湾では良く八角が使われるというか、昨日台湾に渡って以来、その香りを結構な頻度で嗅いでいる気がしますね。また、ベースとなるだし汁は牛でとったものでしょうか?独特の匂いもちょっとだけあったのですが、卓上のニンニクが入っているラー油を垂らすと気にならなくなり、逆に味に深みが出たというか。また、麺は当地らしくコシが無く柔らかめ。日本人にとって当地の麺はちょっとアレという話も聞いていたのですが、個人的には元々柔らかい麺が嫌いではないということもあり、これはこれで。そして具の、ゴロゴロっと入る牛肉ですが、食感は柔らかく、また肉自体からは八角の香りが強く。あと、薬味的なネギの他、カツオ菜みたいな菜っ葉も入っていました。

清燉牛肉麵 180元
清燉牛肉麵 180元
 こちらは、注文時に同行者の後輩が「一人前は食べられないかもしれません」と言ったので、「ならこっちを注文しろ。オレが半分いただく。」と注文させたもの。ちなみに、「清燉」とは某ウィキペディアによると「花椒、胡椒で味付けされた薄味のスープをベースとする」とあるのですが、こちらのは花椒や胡椒はあまり感じられず、刺激の少ないもの凄くあっさりした味という印象で、紅燒とはまさしく正反対という感じ。薄切りされた牛肉も別物ですね。またこちらの品は全体的に塩気もかなり控えめでした。

金牌台灣啤酒 70元
金牌台湾啤酒 70元
 今回台湾に来てから、今朝の肉まん以外は食事の時に何時もビールを飲んでいる気がするのですが、ここでも。で、台湾ビールというブランド内にいくつもの銘柄があるのをこちらに来てから知ったのですが、こちらに置いてあるのは金牌でした。

 というわけで、初めての牛肉麵だったのですが、「なるほど、これが牛肉麺か」という感じで。で、これって日本のラーメンのようにバリエーションも豊富みたいですし、また食べ手側もこだわり出すとキリがなさそうというか、個人的にも、もっと色々といただいてみたくなりました。吃飽了(チーバオラ)!

平成27年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ