たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

鳥取県鳥取市 こだわりらーめん 鳥人

 今回、所用で鳥取市を訪れたのですが、行く前に当地で評判のラーメン店を調べた時に出てきたお店。午前11時過ぎにお伺いしましたが、既に駐車場にはクルマがいっぱい。店内に入ると、テーブル席は満席で、カウンターにいくつか空席がある程度。店員さんに促され、入り口のところにある券売機で、自分用のチャーシューメンと煮玉子、同行者用のしょうゆ(ラーメン)、そして餃子の食券を購入しました。できあがりを待つ間に店内を眺めると、こちらのラーメンに対するこだわりがいろいろと書いてあります。麺は自家製で、スープは地下水を使用した肉とアゴ(トビウオ)のダブルスープ。具材にもいろいろとこだわりがあるとのこと。これは楽しみですねぇ。

チャーシューメン 600円 + 煮玉子 100円
チャーシューメン 600円 + 煮玉子 100円
 やがて出てきたチャーシューメンは、小ぶりの丼にスープがなみなみと注がれて、アゴの香りとコショウの香りが漂ってきます。まず、スープからいただくと、あっさりとした醤油味で、香り同様、アゴだしとコショウが主張してきますが、動物系の旨味や、振りかけられたゴマの風味も。ちなみに、最初から入っているコショウですが、食券提出時に頼めば抜いてくれるとのこと。自家製の麺は、中太で柔らかめの茹で加減。麺自体はあまり自己主張せずおとなしい印象。具は、柔らかいけどしっかりとした肉質が感じられるチャーシューが、チャーシューメンだけに多めに入ってコッテリ感を付与しててます。あとは、磯の香りがアゴだしと合う当地名物の板ワカメの食感も面白く、他にはホウレン草、メンマ、ナルト。あと、薬味系は長ネギではなくザク切りのタマネギが多めに入っていて、これがいいアクセントになっているかと。また、追加でトッピングした煮玉子は、火の通し加減や味付けがいい感じでした。

餃子 300円
餃子 300円
 それから、餃子は、最初から小皿にタレが入ってきて、いただいてみると、至極ノーマルというか、安心して食べられるお味。

しょうゆ 500円
しょうゆ 500円
 また、同行者のしょうゆは、チャーシューメンと較べて、チャーシューが少ない分、さらにあっさりとした感じでした。

 というわけで、鳥取のラーメンを堪能いたしました。ごちそうさまです。

平成20年3月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ