たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 鶏そば HIBARI

 この日もまた所用で宇都宮市内まで来たのですが、お楽しみの昼食は、丁度1年ぶりとなってしまったこちらのお店にお伺い。その時同様、平日にもかかわらず店頭で数人待ちだったのですが、この日は回転が速くて助かりました。

 それで店員さんの案内で着席し、いざ注文となったのですが、この日は暑かったのと、前回はラーメン(鶏そば)だったので今回はつけ麺にしようとお品書きを見たところ、つけ麺は鴨と鶏の2種類があり、どちらが良いか悩むところ。こちらの親切な店員さんに訊けば、味の違いを教えてくれるとは思ったのですが、何となく、鶏の方をお願いしてみました。

鶏つけめん 850円(税別)
鶏つけめん 850円(税別)

 注文からさほど待たずに登場したのですが、その際個人的に目を惹かれたのは、特徴的な幅広の平打ち麺。今時のつけ麺だと、麺を太くしがちなところ平打ち麺を使うところにこだわりを感じるのですが、更にはその素材に全粒粉を使用しているようで、表面にはそれ故に粒状のものも見て取れます。それを、最初は何も浸けずに1本だけ口に入れたところ、みずみずしくモチっシコっとした食感と、全粒粉独特の香りが良いですね。その平打ち麺と合わせる付け汁は、鶏白湯+節系という構成でしょうか?こちらの鶏そばをいただいた時、その濃厚だけど雑味の無い鶏白湯スープに驚いた記憶があるのですが、それはつけ麺になっても同様。そこに節系の旨味と香りが加わることによって、とてもわかりやすい旨味になっています。(ただ、それ故若干勿体ない感も。)また醤油ベースに若干の甘味という味付けはかなり濃い目に感じたのですが、この手のつけ汁だと正直、味付けの濃さががベースとなるスープの濃厚さに負けてしまっていると感じるお店が多い中、この、味付けをより濃くする方向性は、個人的には潔いというか、大いにアリだと思います。そしてメインの具は、今やすっかりお馴染みとなった低温調理のチャーシューで、その味付けはごくあっさり。よりつけ汁やスープと合うようなチューニングですね。あとつけ汁の中にはキャベツが入っている他、麺の上の三つ葉や白ネギ、スプラウトの清涼感が、いろいろな意味で濃いめのつけ汁と良く合います。あと途中から、卓上の柚子酢を麺に適宜かけると、その香りと酸味が加わって、これまたとても良かったです。そして最後は、店員さんが頃合いを見て持ってきてくれた割りスープをつけ汁に投入。ちなみに割りスープは節系のあっさりしたものでした。

 というわけで美味しくいただいたのですが、中でも全粒粉の平打ち麺とつけ汁の味の濃さは、個人的にものすごいヒットでした。ごちそうさまです。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 5
7 9 11
16 20
23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ